「スマートウォッチ」、正しい発展の道とは?

"腕時計らしさ"を追求すると隘路に

実はベルリンで9月上旬に行われた国際的な家電製品の展示会である「IFA 2014」では、スマートウォッチがちょっとしたブームだった。このブームは2013年から続いており、多様な企業が腕時計型のデバイスに取り組んでいる。サムスン電子はGalaxy Gearシリーズ、LGエレクトロニクスはG Watchシリーズといった具合に、とくに韓国勢が力を入れている。

加えてグーグルは開発者向け会議で「Android Wear」を発表。これはAndroid搭載スマートフォンと連動するよう作られたウェアラブル端末向けAndroidで、これによってスマートウォッチ開発の参入障壁が大幅に下がったことも、盛り上がりの背景にある。

ソニーはもっとも早い時期にスマートウォッチを製品化し、独自に基本ソフトを開発してAndroidスマートフォンと連動させていた。しかし、今回のIFAで発表したSmartWatch 3では、ライバルの発売からはやや遅れたものの、最新バージョンのAndroid Wearを搭載して製品化されている。

スマートウォッチの4つの役割

スマートウォッチの基本的な機能とは何だろうか。(時計としての機能を除くと)4つ程度に集約できるように思う。通知、簡易閲覧、応答、センサーだ。

まず通知の機能。たとえばメールやSMS、SNSの返信が届いた場合や、予定時刻の接近などを知らせる。Android Wearの場合、Google Glassで導入された”カード”と名付けられた情報セットを決まった形式で時計に送る。スマートウォッチ側はそのカードが届くと利用者に通知したり、ディスプレイ上でその情報を整理して見せるわけだ。

2点目の「簡易閲覧」は、通知を受けた情報に腕時計を通じてアクセスし、小さいながらも備えられたディスプレイによって、スマートフォンを使わずに情報を閲覧する。前述のAndroid Wearの例でいえばカードをいかに整理して表示するか?という部分となる。

3点目が、通知された情報に対し、その場で応答する機能。Facebookで見た情報に”いいね!”を付けるといた単純なものもあれば、メールやSMSを音声入力で送信するといったものもある。スマートフォンを取り出すまでもない応答ならば、スマートウォッチでやってしまえばいいということだ。音声キーワードでの検索などにも対応する。

4点目が、センサー型ウェアラブルデバイス機能である。万歩計、活動量計などで、中には心拍計を備えてスポーツトレーニング効果や健康管理の改善につなげることができる。

次ページApple Watchの優れた点とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT