菅義偉が明かした「首相在任時」の決断・葛藤・成果

官邸主導体制「私はうまくいったと思っている」

塩田:コロナ未収束の緊急事態宣言下にもかかわらず、東京オリンピックとパラリンピックの予定どおりの開催を決断し、全日程を終えました。国民の間では反対論も少なくなかったのですが、再延期や中止は考えなかったのですか。

:オリンピックは、東京が手を挙げ、国も一緒になって招致活動を行い、招致したのです。開催について大きな責任があると私は思っていました。問題はコロナの感染状況です。コロナをコントロールできる状況であれば、オリンピックはやるべきで、日本が総力を挙げれば、コロナのコントロールはきちんとした形でできると思っていました。

安全安心の大会を実現するために、IOC(国際オリンピック委員会)にも、派遣する人数は最小限にしてほしい、と言いました。選手団や関係者が18万人、日本に来る予定でしたが、実際は5万3000人でした。同時に、入国の際、水際できちっと止められる検査体制を作る。選手村での対応を含め、最悪の事態のにはならないだろうと冷静に計算していました。

併せて、無観客という判断を下しました。選手たちのことを考えると非常につらい決断でしたが、緊急事態宣言下ではやむをえない判断でした。しかし、世界で40億人超がテレビとインターネットでオリンピック、パラリンピックを見るという話を聞いていました。それが判断の有力な材料ともなりました。

(撮影:尾形文繁)

共生社会の実現、心のバリアフリーを発信できた

塩田:コロナ危機の中でのオリンピック開催は、日本にとって、あるいは世界にとって、どういう意味があったと受け止めていますか。

:コロナ禍でみんな内向きになっているとき、選手の皆さんが長年にわたって練習を積み重ねてきたパフォーマンスを発揮した。パラリンピックでは、障害があっても、努力すればできるんだという力を見て、日本はもちろん、世界の多くの人々が感動とか夢とか希望を見いだすことができたと私は思っています。障害のある人もない人も助け合い、支え合っていく共生社会の実現、心のバリアフリーを、日本から世界に向けて発信することができたのでは、と思いますね。

世界がパンデミックという中での大会でしたが、結果として、心配された事態はほとんどありませんでした。オリンピックには社会を前に進める見えない力があると思います。本当に開催してよかったと思っています。

後編:菅義偉「国民の皆さんに伝え切れていなかった」(1月16日配信)

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT