深津絵里の朝ドラ演技が「すごい」と称讃される訳

18歳を演じ「カムカムエヴリバディ」の救世主に

舞台を徹底的に作り込み、妥協なき撮影姿勢と技術で、主演女優の力を引き出す。そんな制作サイドのサポートがあるから深津さんは役作りに集中でき、18歳の女性をそつなく演じられているのです。

このような万全の制作体制は、民放よりも制作費や人的な面で余裕があり、クオリティーを追求できるNHKならではのもの。朝ドラでは「カーネーション」「べっぴんさん」、それ以外では「心の傷を癒すということ」「夫婦善哉」などを手がけたチーフ演出の安達もじりさんを筆頭に、「カムカムエヴリバディ」はNHKの技術力を感じさせる作品なのです。

ただ実のところ、まだ深津さんが持つ本当の演技力が発揮されたシーンは、ごくわずかにすぎません。1月7日放送の第47話で、るいは母・安子と別れたときの記憶がよみがえって複雑な表情を見せ、錠一郞(オダギリジョー)に「あなたのせいで余計なことを思い出してしもうた。忘れたかったのに、忘れるために岡山を出たのに……」と感情的に言い放つシーンがありました。

葛藤と成長を繰り返す、るいをどう演じていくか

今後は、ジョーとの出会いをきっかけに、これまで封印してきた母の記憶がよみがえり、徐々に向き合おうとしていく展開が予告されていますし、その先には「るい」という名前の由来を知るシーンも描かれるでしょう。

さらにそれらがポジティブな方向へつながることは、るいが娘に「ひなた」というルイ・アームストロングの「On the Sunny Side of the Street」にちなんだ名前をつけることからもうかがえます。

「より深読みするなら」という意味で挙げておきたいのは、「るいの結婚相手がジョーとは限らず、むしろ違う人かもしれない」こと。その理由は多少のネタバレにつながるので書きませんが、もしそうならジョーとの恋だけでなく別れが描かれることになり、ここでも深津さんの演技に注目が集まるでしょう。

そんな葛藤と成長を繰り返す、るいを深津さんがどう演じていくのか。本当の意味で「やっぱりうまい」と言われるのは、まさにこれからなのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT