“土着”から脱却せよ! アサヒビールが挑む海外派遣制度

拡大
縮小


 営業利益の9割以上を国内、しかもビール類を中心とした酒類類事業で稼ぐ“土着”のアサヒがここまで踏み切る背景には、国内市場の停滞がある。

少子高齢化などに伴って酒類の需要が減っているうえ、最近は低価格志向で安価の「第3のビール」が台頭。国内のビール類総市場は今後も縮み続けると見られる。こうした中、近年、ビール各社は新たな収益源として海外進出を加速している。アサヒも豪飲料大手のシュウェップスなどを買収した一方、昨年は中国ビール2位の青島ビールに20%出資するなど、海外事業拡大に力を入れる。ただ現況、アサヒの海外事業売上高は全体の7%程度と、3割近くに達するライバルのキリンビールからは大きく後れをとっている。

昨年末に発表したアサヒビールの長期戦略ビジョンでは、2015年の売上高目標2~2.5兆円のうち、海外比率を20~30%に引き上げるとしており、今後一段と海外企業のM&Aを進めることは必至。そのためにも、海外経験や知識の深い人材が欠かせない。

海外経験や語学力より国内業務での専門性重視

今回、選ばれた10人は、年齢も職種もバラバラだ。派遣制度の指導する人事部の三浦一郎氏は「選抜で重視したのは、海外経験や語学力よりも、国内業務ですでに専門性をもっている人」と話す。
 
 実際、中国・北京へ派遣される新潟広域営業部主任の岡部将己氏も、入社5年目と社歴は浅いが、家庭向け商品中心に営業の経験を積んできた。もっとも、入社以来、あこがれていたのは海外事業への挑戦だという。「思ったより早く実現した。北京はアサヒが重視している市場なので、何にでも興味をもち、現地の流通システムを把握したい」と意気込む。
  
 豪州に派遣される業務システム部副課長の鷲森良太氏も、入社前から海外市場に興味をもっていた1人。広島営業企画部を経て、業務システム部に4年在籍したが、「そろそろ新しい所で仕事をしたかった。アサヒグループ全体としても新しい事に挑戦しなきゃいけない時に、自分の力でどこまで貢献できるか、このプログラムで試したい」。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT