なぜ「キャラ採用」?外資系の"人を見る目"

3流私大卒・埼玉のOLの私が、なぜ外資系に?

このときの私の外資系投資銀行のイメージなど

「ぐろーばるなことをやってる何か?」

でした。

ぐろーばるですよ、ぐろーばる。丸の内OLを目指す者にとって業務内容などどうでもいいのです。オシャレ感と立地がすべてです。

とにかく私は面接に行くことになりました。ガラス張りのオフィスビルに入れるだけで、田舎から出てきたOLには感涙ものです。

そして面接で、日本人面接官が私に聞きました。

「英語はできるの?」

私はこう答えました。

「全然できません! 勉強します!

面接官は爆笑です。

私には何が面白いのかわかりません。さらに面接官は聞いてきました。

「それで君は何ができるの?」

私は、答えました。

なんでもやります!!

またまた面接官は爆笑です。

そうして、私はキャラと根性が認められ、超一流外資系金融に転職することになったのです。この時点では、私は知らなかったのです――まさか新しい職場には鬼のような40代独身女性が3人もいて彼女たちが私の上司になるなんて――それはまた別のお話です。

外資系に採用される人の3類型

超優秀な人しか入れないと思われている外資系金融ですが、実際にはそんなことはありません。私が見てきたかぎり、新卒・中途ともに採用基準は、以下の3つに分かれます。

① 本当に優秀な人採用
② ルックス採用
③ キャラ採用
次ページついに判明!キャラ採用の真意とは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。