なぜ「キャラ採用」?外資系の"人を見る目"

3流私大卒・埼玉のOLの私が、なぜ外資系に?

なんじゃそりゃ!? そんな漠然としたこと言われても困るで!! 当時の私はそう思ったものです。

しかし、ここに「キャラ採用」のカギが隠されていたのです……。

それでは、ヒューマンスキルとはなんなのでしょうか。それはオフィスで円滑な人間関係を築き上げるスキルです。

初対面の人ともすぐに打ち解けられ、自分の考えを伝え、相手の考えを引き出し、相手の立場になれる……。

つまりはさわやかで人の話をよく聞き、思いやりにあふれている――そんな人なんてこの世に存在するの!? 聖母!? 聖母なの……!?

共感呼応能力とでもいうこの能力がなければ、どんなに優秀であっても、この会社で働く資格はないと彼は言ったのです。そして「働け、未来のことは気にせず、今を働け」とも彼は言いました。

これは私にとって衝撃でした。

実力本位だと考えられていた外資系金融であっても、高い人間性が求められるのです。

確かにオフィスでは問題が山積みです。個人ひとりの力でそれを解決できる場合もあるでしょう。しかし、個人主義のアメリカの企業においても、他者をサポートする「よりよいチームプレーヤー」として問題解決することが、能力の前提として求められていたのです。

キャラ採用とは、この能力が高いと見込まれたポテンシャル採用だったのです。

外資系金融は能力と給料の高い人間が集まっています。中にはヒステリックで、プライドの高すぎるおかしい人たちもいます。そんな人たちはいつの間にかクビになり、姿を消していきます。

そうして生き残っていくのは能力もさることながら、「ヒューマンスキル」の高い人たちです。

この能力を磨くのはただごとではありません。さわやかで陽気、根性がありそうで、そして言われれば靴の裏までなめそうな――そんなキャラでなければ、いけません。

どうしたらそうなれるのか!?

それを含め、これから、私が見た外資系金融で働くおかしな人たち、そしてグローバルのビジネスルールなどについて、この連載でお話していければと思っています。

それでは今日はこのへんで失礼します☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT