筋力の落ちにくい体、コンビニ飯でかなう?

体内の余分な脂質を増やさない食べ方とは

ちなみに厚生労働省では、トランス脂肪酸の摂取は、1日の総エネルギー(朝昼晩・間食の合計)の1%未満に抑えるよう注意勧告しています。一部の加工食品にも含まれているので、完全に避けるのは難しいですが、加工食品自体を1日1アイテムとするなど、自分なりのルールも作っておきましょう。最近は、商品パッケージに「トランス脂肪酸不使用」などの明記があるので、パッケージを必ずチェックするようにしましょう。

朝一番の缶コーヒー、エナジードリンクはタブー

体内の余分な脂質が増える原因のひとつには、食品に含まれる糖質も挙げられます。ご飯やパン、スイーツ、酒類のほか、朝一番の缶コーヒーやエナジードリンクにも糖分がたっぷりと含まれているので、これらは空腹時の摂取は避け、食事の順番の最後に回すようにしましょう。

空腹時に摂取すると、血糖値が急激に上がった後、急降下し、そのときに肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンが分泌されるので、体内の余分な脂質が増えてしまうのです。糖質による血糖値の乱高下は高血圧だけでなく、筋力が衰え、太る原因ともなります。

以上の話をまとめると、運動不足でも筋力が落ちにくい食事ポイントは、

・肉類、魚介類、豆類からタンパク質食品を取る
・肉類や魚介類、植物油(オリーブオイル、ゴマ油など)から脂質を取る
・トランス脂肪酸と空腹時の糖質摂取を控え、余分な脂質を増やさない

 

この3つを覚えておけば、大幅な食事変更の必要はありません。早速、コンビニに出かけましょう!

〈みわ子流、筋力が落ちにくいコンビニ飯の選び方!〉
・卵類:ゆで卵、だし巻き卵
・魚:鮭弁当、スモークサーモン、焼き魚(鮭、サバなど)、煮魚(味噌煮など)
・豚肉料理:豚カツ、ハム類、豚の角煮、ポークカレー
・チキン料理:蒸し鶏、チキンサラダ、チキン南蛮
・牛肉料理:ローストビーフ、スモークタン、牛丼、焼肉弁当、ビーフジャーキー
・豆/ナッツ類:ソイバー、豆腐、高野豆腐、ビーンズサラダ、各種ナッツ
→これらに、野菜が含まれるサラダやお総菜も忘れずにプラスするとバランス栄養食に!

 

最近はお弁当やお総菜だけでなく、真空パックの焼き魚やスモークタン、蒸し鶏などをよく目にしますよね。ほかにも、冷凍食品、缶詰、おつまみコーナーなどで発見できる食品が多くあるので、いつもの食事パターンにとらわれず、レパートリーを増やしてみましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT