「身近な人への忠告」ほど難しいものはない

“世界一愛情深い家政婦”になるべし

ただ、わかってはいても、相手が身近な人であればあるほど、「教える」と「やらせる」を切り離すことは困難である、というのもまた、現実です。相手に対して親身になればなるほど、自分が言った通りに相手が動かないと腹が立って仕方がなくなってしまう。

このある種の心理学的ジレンマを解消するひとつの方法が「世界一愛情深い家政婦になる」という方法です。

相手の行動に執着しすぎない

聖人、ラーマ・クリシュナが、こんなことを言っています。「もしあなたたちが本格的に宗教的修行をしようと思うなら、自分の子供を我が子だとは思わず、この世でもっとも愛情深い乳母として育てなさい」と。

この話を「子供は宗教的修行の邪魔になるから、距離を置くようにしなさい」と解釈する人もいるようですが、僕はそうじゃないととらえています。ラーマ・クリシュナは単に「乳母」ではなく、「もっとも愛情深い乳母」と言っています。世間並以上に子どもには愛情を注ぐ。しかし、立ち位置としては「乳母」であり続けよ。そうすることが、そのまま宗教的修行につながる、ということを言っているのだと思うのです。

乳母や家政婦、あるいは執事。こうした立ち位置にいる人たちは、自分の関わる相手に深い愛情をかけながらも、それによって相手がどう行動を変えるかについて、必要以上に執着することはありません。

怒っている家族や友人を目の前にしたとき、私たちはどうしても、その怒りをどうにかして収めてほしいと願うし、説得しようとします。しかし、もしあなたがその家に雇われた家政婦だったとしたらどうでしょうか。「こうしたらどうですか」と伝え、諭すことはあったとしても、自分の言う通りにしなかったとしても、それほど強い怒りに支配されることはないと思うのです。

乳母や家政婦、執事といった「家族の中にいる他者」というのは、親密に相手に関わりながらも、相手を所有したり、コントロールしようとはしません。それは越権行為だからです。そういう立場に自分が立っている。そう思い込むだけで、相手と自分とを同一化しようとする心の「熱」を、少し冷ますことができます。

次ページ「熱さ」を削いでも「温かさ」は残る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。