フェイスブック超えか?アリババ奇跡の物語

中国に「アメリカンドリーム」を持ち帰った男

大学入試には2度失敗。教育大学にやっと入って、その後、母校で英語の講師を5年務めた。すでにその頃から起業精神を持ち合わせていて、翻訳会社を立ち上げたり、医薬品販売の会社を作ったりしていた。

ひょんなきっかけでアメリカへ出かけた際に、「インターネット」というものを見せてもらったのが、彼の運命を左右することになる。その後、中国へ戻って、イエローページのようなサイトを立ち上げたが、これは中国の最初のインターネットサイトだったと言われる。

サイトをアップロードするときには友人やメディア関係者を集めた。高速接続もなく、電話回線でホームページを半ページアップロードするのに3時間以上もかかった。その間、彼らは食べ、飲みながら待った。

その後、マーは企業のためにウェブサイトを立ち上げるビジネスを経営したり、投資関係の政府部門に所属したりして、着々とアリババへつながる道を歩いて行く。

流暢な英語に独特のマーケティング力とビジネス感覚。マーがアリババを創設してから、ゴールドマンサックス、ソフトバンク、そしてヤフーなどから大きな資金を集めるのに、あまり時間はかからなかった。昨年、アリババが仲介した取引は2480億ドル。中国を代表するビジネスだ。

マーは今、中国の環境や食の安全に関心を持っているという。その面でも、彼の実行力に期待が集まる。

=敬称略=

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT