フェイスブック超えか?アリババ奇跡の物語

中国に「アメリカンドリーム」を持ち帰った男

現在では、一般ユーザーたちが自分の売りたいものを掲示したり、一般の小売店がネット上で店を持つことを可能にしたりするサービスなどを加え、アリババはインターネットのコングロマリットにも成長した。中国では知らない人がいないブランドだ。社員は2万人を超える。

そんなアリババだが、創業前にマーがシリコンバレーを訪れ、ベンチャーキャピタリストに投資話を持ちかけた際には、誰一人として興味を示さなかったという。

「けれども、僕はアメリカンドリームを持ち帰った」とマーは語る。そして、まさにそのアメリカンドリームを中国で実現した。「今日は苦しい、明日も大変。けれどもあさってになれば、きっといいことが起こるんだ」というのが、マーの信条だ。

僕らはワニ。河にいるかぎりはサメに勝つ

そんな彼の頑張りとユニークな戦略を示すエピソードがある。それは2003年、一般ユーザー同士がモノの売買をするインターネットサイト、タオバオを始めたときの話だ。

すでに同様のサービスを始めていたアメリカのイーベイは、中国でも80%以上のシェアを保持。マーは、イーベイへの挑戦をこう宣言した。「イーベイは大洋で泳ぐサメ。タオバオは揚子江にいるワニ。大洋で闘えば負けるかもしれないが、河にいるかぎり勝つ」。

そうしたカッコいいせりふでメディアの注目を集め、さらに中国人の心を知り尽くした強みを武器に、タオバオは利用料金を無料にしてアピール。4年後にはイーベイのシェアは8%以下まで下がり、とうとう中国から撤退した。

外国人と話したい一心で、ボランティアをした幼少期

1964年に杭州に生まれたマーは、小さい頃から英語にあこがれていたという。アメリカのラジオ放送のボイス・オブ・アメリカに耳を傾け、外国人と話したい一心で、遠くのホテルまで自転車で通い、無料で旅行ガイドを務めていた。

次ページ中国最初のサイトを立ち上げる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT