楽天の「妄想力」、次に狙う革命はこれだ!

エアアジアとの提携に籠められた深い意味

7月1日、会見の壇上で力強く抱き合った、三木谷氏(右)とエアアジアのトニー・フェルナンデスCEO

山田:真似されるのは、いいことですね。

三木谷:そうですね。日本からも、オリジナルのサービスを、どんどん起こせると思うんですけどね。どうも、ゲームとか一部のものに偏りがちなのがもったいないですね。

エアラインに取り組む理由

山田:エアアジアへの出資も、心の中では重要なパーツとしてはつながっていますか。

三木谷:エアラインに取り組む理由は二つありまして、一つは大きな流れとして、LCC(低価格航空会社)はこれから重要になってくる。日本では東京から大阪までJRで行くと、往復で3万円ぐらいかかっちゃう。エアアジアで行けばクアラルンプールまで往復で2万円かからない。こういういびつな世界があるわけです。そういう意味において、日本はこのままでいいのか、という課題が自分の中にある。

LCCというものが活躍することで、足代に金を使うんじゃなくて、旅行先で金を使うようになる。我々のようなショッピングも含めて流通させるとか動かすというのは、安いほうがいいわけです。どっちかというとホテルに行ってから、そこでうまいものを食べるほうにお金を使いたいでしょう? 旅行が大きく変わることは、日本にとって重要だなと思っているんです。

次ページ閉鎖空間はネット接続空間
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT