楽天の「妄想力」、次に狙う革命はこれだ!

エアアジアとの提携に籠められた深い意味

2005年11月30日、TBSへの経営統合案を撤回し、資本・業務提携の協議に入ると発表(撮影:尾形文繁)

三木谷:今、要するに地殻変動が起こってるわけです。今回のEbates買収だってインターネットショッピング業界における地殻変動。だけど、そのことが見えるかどうかが重要です。

楽天はいろいろなことをやっているから、その中で見えてくる。Viberと楽天のID統合も、「統合したらどうなっちゃうの?」って考えてみる。やっぱりイマジネーションですよね。それやっちゃおうぜ、みたいな。それがずっと楽天がやってきたことですよね。妄想力というか、そういうものです。

これからも失敗はしていく

山田:妄想力ですか。妄想の結果、失敗することもあるわけですね。

三木谷:もし失敗していない会社があるのだとすれば、打ち手を十分に打っていないということ。うちで言うとTBSの買収は、残念ながら失敗に終わった。だけど、そこから勉強した。あれはコンセプトの失敗というよりもプロセスの失敗ですから。エアアジアも今の時点では絶対に成功すると思っているけど、失敗するかもしれない。だけどそんなものはマネージャブルなリスクです。

山田:野球の選手は、どんなに上手くなっても打率は10割に近づくわけではない。経営の場合はどうですか。だんだん失敗は少なくなっていきますか。

三木谷:いや、これからも失敗していくと思います。ただ、失敗をきちんと認めて、マネージしていけばまったく問題ない。失敗を恐れてチャレンジしない会社になるほうが危ない。これからも、どんどん手を打っていきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT