三木谷社長がシリコンバレーにも住むワケ

11月からは月のうち1週間は海外勤務に

楽天を率いる三木谷浩史会長兼社長インタビューの中編。米国をはじめとする海外事業を強化するため、月のうち1週間程度は、シリコンバレーに住むなど「日本の外」で働くことを考えているという。海外事業を離陸させるため、自身の働き方、そして社員の働き方を大きく変えようとしている。
前編はこちら
後編はこちら

 

山田:海外売り上げを増やすために、三木谷さん自身が働く場所を変える必要はありませんか。たとえば、アメリカへ移住してしまう、とか。

三木谷:考えていますよ。11月から始めようと思うのですが、月のうち1週間ぐらいは海外に行くことを考えています。主にはアメリカのシリコンバレーの家で過ごすことを考えています。

当然、マーケットとしてはアメリカだけではなく、ヨーロッパ、アジア、南米も含めてこれからどんどん成長していく。アメリカを伸ばすだけでなく、グローバルでやっていく。ただ、やはりシリコンバレーは特別な場所です。シリコンバレーにおけるプレゼンスというのは、重要です。今でも楽天はある程度のプレゼンスがあると思いますが、もう少し高めたほうがいいかなと思っています。

40%以上の株式を持つ者としてやるべきこと

山田:シリコンバレーで1週間過ごすとして、何をする予定ですか。

三木谷:分からないですね。ビデオ・カンファレンス・システムを通じて夜中はほぼ日本で働くと思うので、睡眠時間が単に減るだけじゃないかなと思っています。飲んでいるような時間が仕事に変わるだけでしょうね。

山田:これによってギアチェンジをするイメージですか。

三木谷:そうですね。一つ言えるのは、私はまだ40%以上の楽天の株式を持っていて、かなりロングタームで、この会社とコミットしているわけです。超長期で考えていくと、このドメスティック・マーケットの成長は、グロスで言うとそんなに望めないわけですよね。

そう考えるのであれば、国際展開をしていかざるを得ない。そのために社内の英語化もしましたし、いろいろな国際的な打ち手も打ってきた。もちろん日本でもいろいろなことをできますが、世界中を回ることによってはじめて見えてくるものもある。今回のEbatesも、この夏にシリコンバレーに行く、ということがなかったら、楽天グループには来なかったかもしれない。

次ページ楽天とEbates、世界をどう攻める?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT