「奨学金400万円」借りた男性に父が驚きの一言

ダメ学生が真面目サラリーマンに成長するまで

そして、予期せぬ結婚と子宝は、両親との関係性も急激に変えることになる。

「孫に会いたい、と母に言われて会ううちに、自然に和解できたんです。父とも関係性が深まったように思います。自分自身が親になって、父のすごさを感じられるようになったのが大きかったですね。子育てしてて、1人でも『こんなにお金がかかるんだ』と驚くのに、父は僕らきょうだい全員を私立の中高一貫校に通わせていた。

自分が子どものときに見ていた父は、ワーカホリック気味で、何の仕事をしているかもわからなかった。だから冷めた気持ちを抱いた頃もあったけど、『どんだけすごいことをしてたんだ……』と今は本当に尊敬しています」

ちなみに、現在大学生の妹2人は、父の「大学からは自分で出してほしい」という方針を突っぱね、授業料を出してもらっているという。しかし、そのことに対して慶太さんは、恨みや不満は何もないようだ。

「さっきも言いましたけど、もともと『与えてもらえるものはありがたく受け取るけど、与えられないことが普通』って思う性格なんです。だから、与えてもらっている人がいたら、良かったねと思うし、自分が与えられなくても『そうだよね』と思うだけで。

……でも、父としては違う感覚だったのかもしれません。実は奨学金を借りたことで、父から『お前には感謝している』と言われたことがあったんです。本当は父も『払えるなら全員分、大学まで払ってやりたい』と思っていたのかもしれないですね」

自身も同じ父という立場になり、大人にもなった慶太さん。仕事に忙しく奔走する父としては、仲間ができたような気持ちだったのかもしれない。

結果論としつつも「学歴は必要」と思うワケ

そんなふうにして現在、総額400万の借金を毎月1万7830円ずつ返している慶太さん。毎月の返済に関しては「なんとも思わない」そうだが、その背景にあるのは、収入の多さだ。

「貧乏な学生時代を過ごしたことで、『好きに使っても、お金が余る会社で働きたい』という軸で就活してたんです。結果、社会人1年目から手取りが30万円ほどあったので、返済もとくに苦ではありませんでした。

ただ、奨学金を引き落としにする手続きを行っていなかったせいで、毎月振り込み用紙が届いているのに面倒臭がって放置していたら、督促状が実家に送られてしまい、母親から怒られたことはありましたけど(笑)」

大人になる前の、父になる前の出来事とはいえ、慶太さんらしいエピソードである。

次ページ「奨学金を借りてでも…」と思う理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT