「奨学金400万円」借りた男性に父が驚きの一言

ダメ学生が真面目サラリーマンに成長するまで

そんな状況のなか、慶太さんは大学進学に際し、奨学金を借りることになる。総額は400万円で、有利子の第二種だった。

「父は最終学歴が中卒。それも影響しているのか、『高校までは面倒を見るけど、その後は奨学金を借りていけ』と前々から言われていたんです。僕自身、『与えてもらえるものはありがたく受け取るけど、与えられないことが普通』と思う性格だったので、とくに反発心もなく奨学金を受け入れました」

こうして奨学金を借り、大学に入学。最初は実家から片道1時間半かけて通っていたが、1年の夏休み前に母親とケンカしてしまい、家を飛び出してしまった。思いがけぬ一人暮らしの始まりである。

「急に家出したものだから、資金源が奨学金とバイト代しかなく、それだけでやりくりするハメになりました。奨学金は毎月ちょこちょこ数万円単位で振り込まれていたので、奨学金を授業料に当てて、家賃と生活費はバイト代から捻出していました。バイトは塾講師とレストランの清掃。塾講師は平日に2〜3時間、レストランは閉店後から朝まで働いてました。週4日ぐらいは働いてましたね」

当時住んでいたアパートの家賃は3万2000円だったという。その家賃で、それだけ働いていれば、なんとかやりくりできるだろう……と思いきや、当時「ダメ大学生」だった慶太さん。奨学金を借りていない人でもありえるような理由で、学生生活は苦しくなる。

「恥ずかしながら、当時の僕は金遣いがとても荒くて、音ゲーが好きでゲームセンターに通いまくって、毎月3万円くらい使っていたんです。当時は『使えるときにたくさん使って、なくなったら次にお金が入るまで我慢する』という考えでした。収支の感覚が欠如していたんですよね」

深夜の清掃バイトも影響したのか、次第に昼夜は逆転。講義は夕方から始まる5限だけ出席するようになった。

「出席確認を取らない講義を中心に、シラバスを組んでいました。試験前には友達にレジュメやノートのコピーを必死でねだっていたので、きっと『アイツはヤバい』と呆れられていたと思います」

学生ローンのお世話になったことも…

そんな自堕落な学生生活を送っていると、当然ながら授業料の支払いで、地獄を見ることになる。

次ページ周囲の人に恵まれ、変化していって…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT