アメフトと二刀流で挑む「ボブスレー」五輪への道

中学の不登校期間中に「アメフト」と出合い転機

アメフトとボブスレーの“二刀流アスリート”である栗原嵩選手に、ボブスレー挑戦への背景を聞きました(写真:ディンゴ)
この記事の画像を見る(6枚)

新たな挑戦には、不安がつきまとう。就職でも転職でも、経験のないことを始めるときは、誰もが一番下からのスタートだ。ずっと同じ環境にいたほうが、楽かもしれない。そう思って、足踏みしてしまう。

それでも、その不安を越えた先にはまったく違う世界が待っている。その世界は必ず自分に“プラス”の影響をもたらし、人生を豊かにしてくれる。

プロアメリカンフットボール選手・栗原嵩。「NFLに最も近づいた日本人」として知られる彼は、そう信じてアスリートとしての挑戦を続ける。その挑戦は、競技の枠すらも超える。

(※NFL=National Football League、アメリカのプロアメリカンフットボールリーグ)

2015年には、NFLに挑戦しながら、7人制ラグビーの日本代表合宿に参加。2016年にリオデジャネイロ五輪でベスト4入りを果たしたメンバーと、約1年間活動を共にした。

そして現在、栗原はボブスレー日本代表として、2022年北京冬季五輪出場を懸けた戦いに挑んでいる。

ボブスレー挑戦を思い立ったワケ

「NFLで何年かプレーしたら日本に帰って、ボブスレーでオリンピックに出るっていう自分の人生プランがあって。それは学生時代から考えていた」

2010年、日本社会人アメリカンフットボールリーグ「Xリーグ」に所属するパナソニック インパルス(本拠地:大阪府門真市)でキャリアをスタートした彼は、2013年に移籍したIBMビッグブルー(本拠地:千葉県千葉市)で、プロ選手として契約。

2013年からは2年連続で、アメフトの最高峰NFLのトップチーム・ボルティモアレーベンズのキャンプに参加した。中学生時代から憧れ続けた舞台。日本人初のNFL選手を目指し、契約直前まで迫った。

ボブスレーへの挑戦は「年齢的にも、体の調子的にも、いいタイミングだった」と栗原選手(写真:ディンゴ)

2015年を最後にNFLへの挑戦を終えると、2016年には、アメリカンフットボール東日本社会人選手権(パールボール)でIBMビッグブルーを優勝に導く。栗原自身はMVPに輝いた。

現在は、Xリーグのイコールワン福岡SUNSに所属。34歳になった今も、厳しいトレーニングによって身体能力を高め続けている。

次ページ「そろそろボブスレーを始めよう」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT