憧れのカリフォルニアのワイナリーで働くには

憧れのカリフォルニアのワイナリーで働くには

ブドウ畑に沈みゆく夕日を眺めつつ「今日も良く働いたな」と汗を拭いながら、ワイングラスを傾ける。都会での喧騒から離れたそんな暮らしを夢見る人も少なくないだろう。では、ワイナリーで働くには、どうすれば良いのだろうか。

一口にワイナリーで働くといっても、ワインメーキングから、セラーでの勤務、ブドウの摘み取り、ビジターセンターでのワイン注ぎ、研究要員、そして 財を成してワイナリーのオーナーになる等々、多様な選択がある。

カリフォルニアのワインカントリーから、日本にも関係のある2つのワイナリー、クロスペガス(Clos Pegase)、アーテッサ(Artesa)に取材した。

日本にも輸入されているミツコのワインこと、カリストガ市のクロスペガス・ワイナリー。クロスペガス副社長でジェネラル・マネジャーのジャクリーン・ダウナー氏によると、同ワイナリーでは仕事の空きがあった時に人材を採用する。8、9月の収穫時の季節的な採用があるものの、ワイナリーではフルタイム人員の採用は少ない。

クロスペガスでは普通、サイトに求人を載せ、履歴書などをeメールかファクスで送ってもらう。その後、技術、教育、経験に応じ、あまり時間を経ないうちに面接となるが、その面接は一度だけではなく2~3回に及ぶ。

「職種と社風に最高に合う候補者が選ばれるの」(ダウナー)。

以上は年間休暇などのある正社員の場合だが、一時的な雇用の場合はどうなのだろうか。

毎年収穫時になると、クロスペガスではCAEPという団体を通して、インターンが数人採用される。クロスペガス以外のワイナリーでもCAEPを使う。海外からアメリカで仕事の経験を得たい人々が、CAEPにある程度の費用を払うことで、最低賃金が払われ、ビザや保険などの面倒を見てくれる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT