今年こそ「家ごはんを絶品に!」 ただ2つ簡単投資 「こんなに簡単だった!」その秘訣は?

印刷
A
A

鍋も包丁も、いまは100円ショップで買える時代。しかし、「安いから」という理由だけで選んだ道具を、手入れしながら大切に使うことができるでしょうか。また、それだけの耐久性があるでしょうか。中途半端なものを選んで買い直すなら、最初からいいものを買ったほうが、お得で無駄がありません

調味料も同じです。たとえば、いつも200円で買っていた「みりん」を、400円で買うのを「高いなあ」と感じるかもしれませんが、でも考えてみてください。1回の料理に使うのは、ほんの少量。しかも、それだけで味がよくなり、料理が楽しくなるとなれば、決して高い「投資」ではないと思います。

おまけに、「良質な調味料」があれば、あれこれと手を加えず、シンプルな料理でも十分おいしいものです。

「家で簡単においしいごはんが作れる」とわかれば、市販のお惣菜を買ったり、外食したりする回数が減り、結果的に、むしろ大きな節約につながることも多いはずです。

2つの「投資」が生み出す「いい循環」

「良質な調味料」を使い、「選び抜いた調理器具」を持つと、キッチンに立つのが楽しくなります。

その結果、「料理の腕が上がる」「家族が喜ぶ」「健康的な食生活になる」「余計な添加物をとらなくて済む」「節約になる」「子どもの味覚の発達につながる」など、いいことずくめ。

「料理上手になる」ばかりでなく、生活全体に「いい循環」が生まれ、それは、私たちだけでなく、未来を担う子どもたちにまで、つながっていきます。「2つの投資」のリターンは、間違いなく大きいのです。

「調味料」と「調理器具」にこだわることで「結果として安上がり」になる、そのことを、もっと多くの人に、ぜひ知っていただきたいと思います。

実際、「伝統製法で造った調味料」と「昔ながらの道具」で手作りした「和食」が、もう何百年も日本人の食生活を支え、健康を守ってきたわけですから。

何事も「コスパ」「効率化」を求めがちな世の中ですが、昔から大切にされてきたものこそ「最もコスパが高く、じつは近道」であるともいえます。

ぜひ「2つの簡単投資」をすることで、結果として、「安く」「簡単」に、「おいしい家ごはん」が食べられる日が、今年は1日でも増えることを、「安部ごはん」の開発者として、強く願っています

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT