アップルはいったい何を発表するのか?

新モバイル時代をどうデザインするかに注目

現在のスマートフォン市場は、グーグルのモバイルOSであるAndroidが8割以上のシェアを占めている。これまでサムスン電子がその中のトップブランドだったが、モトローラ・モビリティをグーグルから買収したレノボやファーウェイといった中国メーカーが低価格端末をリリースしている。またグーグルはインドで低価格帯デバイスの充実を図り、さらにシェアを高めていくことになるだろう。

こうした状況そのものをアップルは変えようとは考えていないようだ。ただし、四半期ごとに5000万台以上を出荷するようになり、同社のビジネスの核となったiPhoneを、最も優れたスマートフォンブランドとして維持しながら、iPhoneユーザーに対してプラットホームビジネスを展開する考えた。

iPhoneが生活のプラットフォームに

もちろん、App Storeでのアプリの販売もこれに含まれるが、アップルが作ろうとしているのは、iPhoneが、生活のプラットホームになる世界だ。

6月に行われたWWDC14で披露され、9月中に利用可能になるとみられているiPhone・iPad向けの次世代OS「iOS 8」から導入されるHomeKitやHealthや、既に導入されている自動車の車載機と連携するCarPlayは、iPhoneと、身の回りのモノ、あるいは自分自身とを連携させるための仕組みだ。これに、決済も加えようとしている。iPhoneを核にライフスタイルを組み立てた人に、iPhoneを使い続けてもらおうという戦略が透けて見える。

もちろん、魅力的なデザインやテクノロジーを新製品に求めることは当たり前だ。しかし、購入した興奮がしばらくすると冷めると、今度はその製品がある日常がどのように変わるのか、ということにフォーカスが移ってくる。そのとき、iPhoneユーザーが何を体験するか、をアップルは考えている。

これまでのiPhoneは、デザインと使いやすさ、そして最新のアプリが次々に登場する目新しさで、ユーザーを惹きつけてきた。今回も同じ事が起きるが、その先をデザインし始めていることに注目し、発表を見守りたい。発表のレポートや新製品について、追ってレポートする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT