iPhone6、ワクワクの新機能はこれだ!

<動画>アップルがVISAを買収してもおかしくない

「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ばれるようになった、従来型の携帯電話端末。しかし、今から15年前、日本の通信事業者は、「携帯電話をインターネットにつなげる」サービスにおいて、斬新なサービスを次々に生み出し、他国の通信事業者が真似をしようにもうまくいかないほど、独自のビジネスモデルを築き上げることに成功していた。確かにガラパゴス諸島と同様、独自進化を遂げたわけであり、「ガラケー」は言いえて妙だ。

「デファクト(=事実上)という形でスタンダードが決まっていくのがネットの世界。それに対し、事前に(デジュール)標準を決めるのが通信の世界。日本は特殊に競争が激しいこと、私のようにネットから人が行ったことで、新しいモデルが大ブレイクした」と夏野氏は説明する。

しかし、進化のステージはスマートフォンの登場によって変わった。インターネットへの接続機能を従来型の端末ではなく、タッチパネル式の新しいフォームファクターに再配置したのが、スマートフォンである。2007年前後から、台湾のチップメーカーが標準的なチップセットを開発・生産し始めたことから、携帯電話端末は、パソコンと同様、幅広いメーカーが作り出せるようになった。このことが、通信事業者が設計する端末からスマートフォンへのシフトを後押しした。

iPhoneがまだ実現できていないもの

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

「ガラケーがすでに実現していたことをスマートフォンは取り入れていった。しかし、いまだに実現できていないのが、おサイフケータイ。iPhone6のタイミングでアップルが決済に乗り出すことは必然的な流れだ」(夏野氏)

次ページ「VISAと提携」では不十分
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT