巨大化したグーグルは、分割するべきなのか

<動画>今こそ、新しいコードを作り出す必要がある

巨大化が進むにつれ、分割を求める声が強くなっていく可能性が高い(写真:ロイター/アフロ)

「ググっても(グーグルで検索しても)絶対出ないハナシ」というのが、この企画のタイトル。今回は、そのグーグルについての話題だ。

AFPは6月30日次のようなニュースを配信した。ドイツのハイコ・マース法務・消費者保護相が「グーグルが市場での支配的な地位を悪用することがあれば、同社を解体させる可能性を検討すべき」との見解を示したというのだ。

「独占の弊害」と「新技術の便益」

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションで運営しています

検索、メールサービス、広告プラットフォームなど、グーグルの独占的な地位は強力。特に欧州ではグーグルのシェアが高い国が多い。しかし、一方ではこうした強力なサービスから得られる利益を元手に、優秀な技術者たちを組織。ウェアラブルデバイス、ロボット、自動車の自動運転技術など、さまざまな最先端分野に取り組んでいる。それらは、私たちに大きな便益をもたらすものだ。

仮に分割されれば、グーグルの企業の活力そのものが削がれる可能性が高い。夏野氏は「資本主義経済そのものがチャレンジされている。これからのコード(企業のあるべき倫理体系)を探っていく必要がある」と問題を提起する。果たして、納得感のある落としどころは見つかるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。