LINEの海外進出手法は、かなり上手い

<動画>スペインを攻め、南米、そして北米も

スペイン経由で米国を攻めるLINE(写真は森川亮社長、撮影:吉野純治)

LINEはスペインで一気にシェアを拡大した。2013年から現地テレビCMを放映。人気は広がり、欧州の中では最大のLINEユーザーがいる国になった。

この成功を基盤として2014年2月には現地の携帯電話会社テレフォニカと業務提携。同社がスペイン、南米で販売するスマートフォンにはLINEのアプリを搭載することになった。

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションで運営しています。

これで中南米で利用者を獲得する下地をつくった。このようにスペインをベースに南北アメリカを攻めるのは正しいやり方だ、と夏野氏は指摘する。「15年も前から、同じ欧州でも携帯電話の使われ方が、欧州主要国と、イタリア、スペインなどの南欧諸国ではまったく違うことが分かっていた」。南欧では、日本を含むアジアと近い使われ方をしているのだ。

米国でも、今ではスペイン語を話す人口が急増している。フェイスブックが買収したワッツアップがメッセージングアプリのトップ企業として君臨する米国だが、LINEが一定の地歩を築くチャンスがあると読む。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。