スマホが家電市場を食い尽くす?

<動画>専用機には、専用機の発展の道がある

2014年3月期のソニーの決算を分析すると、ハッキリとしたトレンドがある。ビデオカメラ、コ。

コンパクトデジタルカメラ、携帯型ゲーム機、パーソナルコンピュータなど主力製品の出荷台数見通しを3カ月ごとに下方修正し続けていたのだ。なぜ、これらのハードが売れなくなったのか。業界で分析されているのは、デジタルカメラ、ビデオカメラ、音楽プレーヤー、ゲーム機など、さまざまな役割を演じることができるスマートフォンの普及によって、家電市場が食い尽くされている、というもの。

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションで運営しています。

が、果たしてそれは、逃れられない運命なのだろうか。夏野氏はそうではない、と言う。「万能なものには万能ゆえの欠点がある。専用機だからこそできることがいくらでもあるはずなのに、それができていない。まだまだ専用機がやれることは、ある」とエールを送る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。