スマホが家電市場を食い尽くす?

<動画>専用機には、専用機の発展の道がある

2014年3月期のソニーの決算を分析すると、ハッキリとしたトレンドがある。ビデオカメラ、コ。

コンパクトデジタルカメラ、携帯型ゲーム機、パーソナルコンピュータなど主力製品の出荷台数見通しを3カ月ごとに下方修正し続けていたのだ。なぜ、これらのハードが売れなくなったのか。業界で分析されているのは、デジタルカメラ、ビデオカメラ、音楽プレーヤー、ゲーム機など、さまざまな役割を演じることができるスマートフォンの普及によって、家電市場が食い尽くされている、というもの。

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションで運営しています。

が、果たしてそれは、逃れられない運命なのだろうか。夏野氏はそうではない、と言う。「万能なものには万能ゆえの欠点がある。専用機だからこそできることがいくらでもあるはずなのに、それができていない。まだまだ専用機がやれることは、ある」とエールを送る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。