特別な会場、高まるiPhone6への期待

節目の発表をしてきたフリントセンターとは?

1984年にMachintoshを発表した会場も、地元のFrint Centerだった(写真:アフロ)

9月9日午前10時(現地時間、日本では9月10日午前2時)、米カリフォルニア・クパチーノにあるDe Anza大学Frint Center for Performing Arts(以下、フリントセンター)で、アップルは「なにか」の発表を行う。下馬評では、新iPhoneに加えて「iWatch」の名称で噂されるウェアラブルデバイスを発表するのではないか、と言われている。もちろん現状では、その詳細は不明だ。アップルは発表会の招待状で「もっとお話しできればいいのですが……」(Wish we could say more.)と語るのみだ。

節目の発表を予感させる会場

会場となるフリントセンターは、アップルにとって因縁深い場所である。1984年に初代Machintoshを発表し、1998年に初代iMacを発表した場所でもあるからだ。同社1999年に2世代目iMacの発表に利用して以降、フリントセンターをお披露目の場として使っていない。およそ15年ぶりということになる。

この会場は、アップルが使用することが多いサンフランシスコ市内のYerba Buena Center for the Arts Theaterと比較すると、多くの聴衆を収容できる。以下は1984年の発表会の様子。300万回以上再生されている動画だ。4分30秒からの映像をみると、その会場の広さがわかるだろう。

次ページ並々ならぬ意気込み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT