特別な会場、高まるiPhone6への期待

節目の発表をしてきたフリントセンターとは?

1984年にMachintoshを発表した会場も、地元のFrint Centerだった(写真:アフロ)

9月9日午前10時(現地時間、日本では9月10日午前2時)、米カリフォルニア・クパチーノにあるDe Anza大学Frint Center for Performing Arts(以下、フリントセンター)で、アップルは「なにか」の発表を行う。下馬評では、新iPhoneに加えて「iWatch」の名称で噂されるウェアラブルデバイスを発表するのではないか、と言われている。もちろん現状では、その詳細は不明だ。アップルは発表会の招待状で「もっとお話しできればいいのですが……」(Wish we could say more.)と語るのみだ。

節目の発表を予感させる会場

会場となるフリントセンターは、アップルにとって因縁深い場所である。1984年に初代Machintoshを発表し、1998年に初代iMacを発表した場所でもあるからだ。同社1999年に2世代目iMacの発表に利用して以降、フリントセンターをお披露目の場として使っていない。およそ15年ぶりということになる。

この会場は、アップルが使用することが多いサンフランシスコ市内のYerba Buena Center for the Arts Theaterと比較すると、多くの聴衆を収容できる。以下は1984年の発表会の様子。300万回以上再生されている動画だ。4分30秒からの映像をみると、その会場の広さがわかるだろう。

次ページ並々ならぬ意気込み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。