日本企業が「GAFA+X」に謙虚に学ぶべき7大教訓

「本書は2022年を生きるヒントが詰まっている」

GAFAをはじめとしたビッグテックは、むやみに恐れるのではなく、「そこから何を学ぶか」が大切だといいます(画像:marvinh/iStock)
GAFAの強さの秘密を明かし、その危険性を警告した書籍『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は日本だけで15万部のベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019 総合第1位」「ビジネス書大賞2019 読者賞」の2冠を達成、日本にGAFAという言葉を定着させた。
その著者スコット・ギャロウェイ教授の最新作『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』がついに刊行され、発売3日で6万部のベストセラーになっている。本書では、コロナ禍でますます肥大化したGAFAと、この4社に匹敵する権威を持つようになる「+X」の巨大テック企業が再び、世界をどのように創り変えていくかを予言している。
いまやあらゆるビジネスが「GAFA+X」に直接、脅かされる時代に突入した。本書はすべてのビジネスパーソンに、明日の「生存戦略」を考えるヒントを提示している。
本書を「2022年を読み解く『予言書』としての価値が高い」と語るのが、ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタントの鈴木博毅氏だ。本書から日本企業が読み解くべき「7つの教訓」を解説してもらった。

2022年を読み解く「予言書」

パンデミックが起きたことで、本来なら10年かけて起きるデジタルへの変化が、1年で促進されました。もちろんアメリカのほうが早いのですが、その流れは、日本にも襲い来るでしょう。『GAFA next stage』は、2022年を読み解く「予言書」としての価値が高いですね。

『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』は、発売3日で6万部のベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

前作は、GAFAが一方向に支配を強めていることが書かれていましたが、今作は、減っていく消費、増えていく消費、大学がディスラプターに侵食されていく現状など、複数の重要トレンドが示されています。ここをきちんと理解すると利用価値が高くなります。

コロナが収束に向かえば、売り上げ増加に向けてマーケット研究は各社で急務になります。2022年は新しいスタートとしての重要な年になるはずです。

自社がGAFA+Xに侵食される側なのか、そうでないのかは、本書を読めばわかります。昨日と今日は何も変わらない。しかし、水面下では極めて大きな変化が起きており、強大な会社が多くを飲み込んでいる姿が描かれています。自社に危機感を覚える方も多いかもしれません。

ただ、半年先に起きる危機がわかれば、対処方法がわかります。マーケットが消滅してから気づくより、本書から予測することが極めて重要ですね。

そういった視点から、本書から読み取れる「日本企業がGAFA+Xに学ぶべき7つの教訓」を今日はご紹介したいと思います。

次ページ「テックを取り入れる」だけでは不十分
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT