漁獲枠「半減」では不十分、マグロが消える日

太平洋クロマグロの資源量は過去最低レベル

2015年から漁獲枠が半減する予定のクロマグロ。資源量は回復するのか。

「沿岸の漁は潰れかけており、もう何年ももたない。大至急、資源管理をしてください」8月26日に水産庁が都内で開催した「太平洋クロマグロの資源・養殖管理に関する全国会議」。会場に約300人の水産関係者が集まる中、長崎の離島・壱岐から来た一本釣り漁師の中村稔さんは、語気を強めて訴えた。

太平洋クロマグロの資源量は世界的に史上最低水準にある。日本や韓国、米国などが加盟する国際機関、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)は昨年、未成魚(30キログラム未満)の漁獲量を、2002~04年の平均から15%の削減で合意していた。

だが今年、WCPFCの科学委員会が公表した最新の資源評価で、「10年以内に過去の中間値に戻すには15%の削減では不十分であり、50%の削減が必要」と判明。日本は9月のWCPFC北小委員会に向け、新たな削減案を取りまとめてきた。

日本の場合、02~04年の未成魚の漁獲量は平均で8015トン。この半分の「4007トン」を15年から新たな漁獲上限とし、大・中型巻き網が中心の沖合漁業に2000トン、定置網や一本釣りなどの沿岸漁業に2007トンを配分していく方針だ。

全国会議で窮状を訴えた中村さんが漁をする壱岐では、近年、クロマグロの水揚げ量が激減。昨年度は10年前のピーク時の約5分の1だった。同じ壱岐の漁師、尾形一成さんも「マグロがいないので、4月末から一度も漁に出ていない。2~3年で回復のメドが立たなければ、とてもやっていけない」とこぼす。

次ページなぜ資源量が減ったのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT