養殖量の制限やむなし、狭まるウナギ包囲網

おいしい鰻重や蒲焼きは今後も楽しめるのか

「ここ3年で3回値上げした。お客さんに悪いとは思うが、上げざるをえない」。東京・練馬でウナギを扱う店の店主は苦しい胸の内を明かす。3年前、「上うな重」の価格は1800円だったが、今年4月の値上げで2900円にした。

背景にあるのが急激な仕入れ値の上昇だ。5月中旬、この店ではかば焼きにするウナギの仕入価格が1キログラム=6000円台まで高騰した。「3年前は2000円前後だった。30年間ウナギを扱っているが、ここまで値上がりしたことはなかった」(店主)。

減少する稚魚の漁獲量

日本人にはなじみ深いウナギ。ワシントン条約の対象になれば品薄になる可能性も。

価格の高騰はウナギの稚魚の不漁から来ている。水産庁の統計によると、稚魚の国内漁獲量は1963年に232トンとピークを迎えたが、ここ10年は10~30トンの間で推移し、価格がジワジワと上がってきた。さらに昨年は漁獲量が約5トンまで落ちた。輸入した稚魚を合わせても過去最低の水準で、価格は1キログラム当たり250万円と、10年前の水準から15倍までハネ上がっている。

ウナギは生態が解明されておらず、卵から育てる完全養殖が確立されていない。そのため、例年冬から春にかけて稚魚を捕獲し、成魚に育てている。日本の養殖で扱う品種はほとんどが「ニホンウナギ」であり、国内で消費されるもののうち、天然物は1%だけだ。

稚魚の減少について、ウナギ研究の第一人者である日本大学の塚本勝巳教授は、「産卵に向かう親ウナギも稚魚も、取りすぎが第一の原因だろう。ほかに、水質汚染や河川工事、ダム建設などで河川環境が悪化したことや、気候変動による海流の変化が、資源減少の原因と考えられる」と解説する。

次ページニホンウナギが”レッドリスト”に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT