時間ないと嘆く人がわかってない「80:20の法則」

すべての作業が平等に重要なわけではない

時間をうまくする管理する方法について解説します(Pangaea/PIXTA)
いくら工夫をしても、時間が足りないという人は多いかもしれません。なぜ時間管理がうまくいかないのでしょうか。新著『ライフハック大全 プリンシプルズ』を上梓した、研究者・ブロガーの堀正岳氏が「時間管理の本質」について解説します。

結局、時間はどのようにしても足りなくなる

人生を変えるとは、時間の使い方を変えることです。そして時間の使い方を変えるには、いま何か別の行動で埋めてしまっている毎日の行動を見直して、別の行動に入れ替える必要があります。これが、時間管理の本質といってもいいでしょう。

よくある時間管理の考え方の誤謬に、仕事の時間や空き時間を上手にジャグリングできれば、より多くの物事に手を付けて、それだけの成果を挙げられるというものがあります。

例えばワークライフバランスの考え方は、「仕事をしすぎることで家庭や趣味にあてている時間が犠牲になるのを避けるために、仕事と生活を調和させる」ことを目標としています。しかしこれを実現するには就労の仕方自体に大きな変化が必要ですし、時間の使用方法にある程度の裁量がなければバランスは達成できません。

現実には仕事はいくらやっても果てがありませんし、家族との時間や自分の趣味の時間も、理想をいうならばいくらだって必要でしょう。余裕も裁量もない状態で仕事と家庭をバランスさせようとしても、そのどちらにも不満な状態が生まれる“時間の奪い合い”が日常になってしまいます。

結局のところ、時間はどのようにしても足りなくなります。足りないのを前提として、私たちはつねに何をするのが最善なのかの選択を迫られているのです。

これを解決するために、どれだけ寝食を惜しんで活動できるかを追求してみたり、無駄な時間や怠惰な時間を一切なくして生産的な時間をどれだけもてるかが重要だと説いたりするのは、安易なライフハックといえます。

次ページ時間管理において必要なこと
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT