受験生「自力で学べる子」「学べない子」の決定的差

最上位層が実践する習慣を身につけるコツ

自ら学べる子とそうでない子の違いはどこにあるのでしょうか(写真:Mills/PIXTA)
近年改訂された新学習指導要領では、新しい学力の3要素として「思考力」「判断力」「表現力」が加わりました。この3学力の根底にあるのは「考える」こと。では、どうやれば子どもたちに考える力を身につけてもらえるのか。新著『名門公立高校受験道場流 自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために』を上梓した、名門公立高校受験道場を主催する一柳忠宏氏が解説します。

求められている「自ら学ぶ力」

現代は、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)が高まり、正解がすぐには見つからないVUCAな時代といわれています。技術革新も速く、陳腐化する知識をどうやってアップデートするかが問われてきています。

また人生100年時代に突入していますから、どうやって学び直しをしていくかも重要といわれていますね。独学を進めていくための指南の本なんかも売れています。明確な将来への地図を持って、ゴールに向かって一直線に邁進するような状況は、大人でも少なくなってきているのではないでしょうか。

さらに、最近は未知なるウイルスによって社会が停滞し、学校教育においても混乱が起きました。大切な学びの場としての学校が失われたとき、子どもたちの学力をどう伸ばせるのかという議論や、そういう状況で必要なことは何か、ICTをどう活用していくのかなど、ニューノーマル後の教育についても議論が続いています。また教育系YouTuberなどの活躍も注目されてきています。

そんな中、注目されている力が「自ら目標を立てて主体的に学ぶ力」「自分なりの勉強法を確立する力」である「自学力」です。もっと詳しく説明すれば、自らを律し、自分でやるべきことに気づき、それに主体的に取り組む能力、その中で自らの勉強法をブラッシュアップする能力です。

次ページ受験勉強で「自学力」をいかに磨くか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT