NFTビジネスはいったいどこに向かっていくのか

NFT事業に参戦した経営者が考える新しい時代

國光宏尚さんが考える未来図とは?
2021年現在、NFTというワードが沸騰している。また、海外のみならず日本でも多くの企業がNFTビジネスに参画を表明。その背景には何があるのか。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説した『NFTの教科書』から、一部を抜粋・再構成して3回に分けて紹介します。
第3回はブロックチェーン関連事業「FiNANCiE(フィナンシェ)」とVRゲーム開発を行う「Thirdverse(サードバース)」に注力する國光宏尚が解説。

新しいテクノロジーをビジネスに生かすために重要な事

僕自身のライフジョブはシンプルです。それは「新しいテクノロジーとそのテクノロジーでなければ実現できない新しいエンターテインメントをつくる」こと。

SNSサービスやモバイルオンラインゲームを提供する「gumi(グミ)」を起業した2007年当時、iPhoneやFacebook、Twitter、AmazonWeb Services(アマゾン・ウェブ・サービス、AWS)のクラウドなど、まさに新しいテクノロジーが世の中に出始めたころでした。

いまでこそモバイルゲームやソーシャルゲームといっても、いわゆるテクノロジーの香りは一切しなくなっていますが、当時は最先端のテクノロジーを活用したかなり挑戦的なビジネスだったのです。

2015年ごろからVR(バーチャル・リアリティー、仮想現実)とAR(オーグメンテッド・リアリティー、拡張現実)、2017年ごろからブロックチェーンに取り組んでいるのも、もちろん僕のライフジョブの延長線上にあります。

新しいテクノロジーが出てきたとき、どうビジネスに活用していくか。僕は既存のものをそのテクノロジーで再現するというのには意味がないと思っています。やはり最も重要なのは、そのテクノロジーならではのこと、そのテクノロジーでなければできないことを見つけることでしょう。

たとえば、スマホが出てきたときに多くのゲーム会社は家庭用ゲームやガラケーのゲームをスマホに移植しましたが、そういうのはまったくはやらなかった。はやったのは「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」や「モンスターストライク(モンスト)」など、スマホファーストのゲームです。

次ページゲームに限らず
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT