このまま行けば日本の財政破綻は避けられない

「MMT理論」「自国通貨持つ国は安心」は大間違い

競馬である。

28日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(第12レース、芝の2400メートル、G1)の話をするのは、MMTを批判するのと同じくらい馬鹿馬鹿しい。

ジャパンカップがつまらなくなった3つの理由

本命はコントレイル。以上。それ以外にいますか? シャフリヤールが唯一の対抗馬だが、不良ばばとはいえ神戸新聞杯4着惨敗、体調にも精神的にもダメージが心配される中、王者に勝てるとは思えない。穴はオーソリティだが、せいぜい2着候補でそれが3番人気だから、意味はない。以上。

なぜ、ジャパンカップはこんなにもつまらなくなってしまったのか。まず、日本の馬が強くなりすぎて、海外の参戦が激減したこと。しかも、日本のスピードが出る硬い馬場では、強い海外馬でも勝てる可能性がゼロということで強い馬ほど来なくなった。

第2に、世界的な傾向でもあるが、とりわけJRA(日本中央競馬会)、日本の馬産において、短距離のレース、馬の生産を好むようになり、クラシックディスタンスの1マイル半(2400メートル)のレースを好む馬が大幅に減少したことである。

JRAの古馬G1は12レースあるが(芝平地)、2400メートル以上は、ジャパンカップの他は、春の天皇賞(3200メートル)と年末の有馬記念(2500メートル)だけである。ダービーが2400であり、クラシックディスタンスとは1マイル半であるにもかかわらず、2400のG1レースは1つしかないのである。G1よりも下のレースではさらに比率は低下し、これこそが、日本の競争馬が凱旋門を勝てない理由であり、長期的には強い馬が出なくなる危険性を示している。

アメリカでは2400のレースは非常に少ない。だがダートが中心であり、かつ、最初からガンガン飛ばし、それでいて最後の直線もスピードが必要である。だから、スピードと極限のスタミナが、2000メートル以下でも十分試されるのであり、だからこそ、同国産馬は、短距離のダートばかりのレースをやっていても、欧州でも芝でも長距離でも走る馬を生産できるのである。JRAはクラシックディスタンスが最重要であることを再認識してもらいたい。

次ページ3つ目の理由は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT