「最近どう?」と聞く人との話がおもしろくない訳

どう切り出したら?質問力こそが話下手を救う

会話が盛り上がらない人は「最初の質問」をミスしています(写真:amadank/PIXTA)
「話しやすい」「信頼できる」という人がいる一方で、「話しづらい」「この人は本当に話を聞いてくれているのだろうか」「感じが悪い」と思われてしまう人もいます。話の内容に大きな差がなくても、印象には差がついてしまう。会話で損をしている人は、ある共通点を抱えています。
「話し方」「伝え方」について書いたベストセラー書籍100冊を分析し、皆が「重要だ」と言っているポイントをまとめた新刊『「話し方のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』の著者の1人である藤吉豊さんが、100冊の書籍に書かれてあった内容をもとに、いい質問とコミュニケーションのコツを解説します。
参考:嫌われる人の「イラっとする会話」よくある4大NG(11月18日配信)
   仕事のできない人は「報告」のコツがわかってない(11月25日配信)

話下手の方は、まず「質問」を磨けばいい

仕事において、

「齟齬なく円滑に進めたい」

「重要な情報を、一度で全部聞き取りたい」

と、誰もが一度は思ったことがあると思います。また、

「あの人と親しくなりたい」

「とにかく間を持たせたい」

「あの人のだらだらした話を切り上げたい」

など、コミュニケーションにおけるちょっとした悩みは尽きないものです。

今回、「話し方」「伝え方」の名著を100冊収集し精読したところ、こうしたコミュニケーションの課題や悩みに対して、有効な方法が紹介されていました。

それは「質問」です。

いい質問には、

●「あなたに関心がある」という姿勢を示すことができる。
●疑問点、不明点が明らかになる。
●内容の確認ができる。
●相手に気持ちよく話してもらえる。
●相手の話を「広げる」「進める」「深める」ことができる。
  広げる…「ほかに、どのようなことをされていますか?」
  進める…「それで、どうなったのですか?」
      「それから、何があったのですか?」
  深める…「どうして、そう思ったのですか?」
      「なぜ、そうしたのですか?」

といった効果があります。

次ページいい質問をするにはどうしたら?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT