日本人の舌を壊す「黄金トリオ」の超ヤバい正体 「3点セット」で旨味のベースは簡単に作れる?

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

拙著『食品の裏側』を通じて、私はずっと「添加物がいかに食卓に入り込み、日本人の舌を壊しているか」について訴えてきました。

添加物は毒性うんぬんの問題以上に、「日本の食文化を崩壊させる危険性」をはらんでいるのです。とくに私がずっと問題視しているのが、うま味のベースである「3点セット」です。

カップ麺にしろ、スナック菓子にしろ、冷凍食品にしろ、加工食品の「うま味のベース」はみな同じ。それが以下の3つです。

①食塩(精製塩)
②うま味調味料(化学調味料)
③たんぱく加水分解物

このうち「①食塩」と「②うま味調味料(化学調味料)」は説明しなくてもおわかりでしょう。

「③たんぱく加水分解物」とは、肉や大豆などのたんぱく質を分解して作り出すアミノ酸のこと。多くは「塩酸」を使って分解します。

たんぱく加水分解物は正しくは添加物ではありませんが、これこそが日本人の好む「うま味の素」なのです。

この3点セットさえ入れれば味が決まり、みんなが「おいしい」と思うものが、いとも簡単に作れるのです。私はこれを味の「黄金トリオ」と呼んでいます。

「黄金トリオ」は加工食品の味のベース

たとえば冒頭で作った「とんこつラーメンスープ」なら、作り方はこんな感じです。

まず「①塩」を2グラムほど用意します。ここに「②うま味調味料」を加え、「③たんぱく加水分解物」を入れます。「黄金トリオ」です。これで「味のベース」が完成します。

そこに「風味」をつけるため、「ポークエキス」「チキンエキス」「野菜エキス」などの「エキス類」をまず加え、あとはホワイトペッパーなどの香辛料を入れ、サッパリとした後味にするために「酸味料」、トロッとしたとろみをつけるために「増粘多糖類」も投入し、ゴマや乾燥ネギを加えれば、おいしいスープの出来上がり。

これをしょうゆ味にしたければ「ポークエキス」の代わりに「粉末しょうゆ」、みそ味にしたければ「味噌粉末」に置き換えればいいだけです。

次ページ「黄金トリオ」の何が問題?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT