腸にいい「鍋料理」超簡単4品と、意外すぎるNG具材

「具」と「つゆ」で、いっきに腸活できます!

基本的に、鍋は「腸にいい」ものが多いのですが、「アダムスキー式腸活法」にのっとって考えると、残念ながら「NGとなる鍋」があります。それは「キムチ鍋」です。

【5】「キムチ鍋」は実はNG――「白菜(スロー)×唐辛子(ファスト)」
キムチ鍋(写真:shige hattori/PIXTA)

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食べ物が腸を通過するのが「速い食品(ファスト)」「遅い食品(スロー)」に分け、スピードの違う2種類の食品を同時に摂取しないことで、「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

このメソッドに従うと、鍋の具である「肉」や「魚介類」、ほとんどの「野菜」「豆腐」や「こんにゃく」、あるいは「お米」「うどん」なども、だいたいが「スローの食品」です。

それに対して「唐辛子」「ファストの食品」だと「アダムスキー式腸活法」では考えられます。そのため「キムチ」は、発酵食品で腸にいい働きもあるのですが、アダムスキー式腸活法では、「唐辛子(ファスト)×白菜(スロー)」は、避けたほうがいい「NGの組み合わせ」とされています。

腸は「人体最大の免疫システム」

『腸がすべて』の監修をつとめた澤田肝臓・消化器内科クリニック院長である澤田幸男先生は、「人が病気になるのを防いでくれる『免疫システム』は、小腸や大腸などに非常に精緻で強力なものがある」と話しています。

そのため、「腸の汚れ」は、その「腸管免疫」や「腸内細菌叢」の働きを鈍らせ、必要な栄養素が取り込めなくなり、「いろいろな病気の引き金」になる可能性があるといわれています。

アダムスキー式腸活法は、「食べ物の組み合わせ」を工夫するだけで、「腸の汚れ」をため込まないようにする健康法です。みなさんも、「腸をきれいに保つ」ことで免疫力を高め、この冬を元気に乗り切りましょう。

(医学監修:澤田幸男/医学博士、澤田肝臓・消化器内科クリニック院長)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT