最新「障害者雇用率ランキング」トップ100

16.1%のエフピコがダントツ、ワタミも人員大幅増

大きく人数を増やしているのが26位のワタミだ。2011年度の185人(1.94%)から、12年度は245人(2.73 %)と1年間で60人も増加している(対象はグループ合計)。

同社は複数の特別支援学校と提携して研修生を受け入れている。外食店舗での清掃、仕込み業務、クリーニング業務、事務補助などで障害者を積極的に活用する。他に19位の良品計画も、2010年度70人(2.09%)、11年度79人(2.07 %)、12年度130人(2.89%)と2年間で60人増加した。

陸運、医薬品が高く、不動産は低い

続いて業種別の集計を見ていこう。こちらは12年度の障害者雇用率を開示している967社が対象。全体の平均は1.74%だった。

業種別で雇用率の平均値が高いのは、陸運業の2.09%(15社)、医薬品2.03%(23社)、化学1.97%(78社)、精密機器1.94%(15社)など。一方で低いのは、不動産業1.17%(23社)、証券、商品先物取引業1.25%(8社)、倉庫・運輸関連業1.32%(9社)、情報・通信業1.39%(66社)などだ。

次ページ障害者雇用は義務から戦力化へ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT