最新「障害者雇用率ランキング」トップ100

16.1%のエフピコがダントツ、ワタミも人員大幅増

大きく人数を増やしているのが26位のワタミだ。2011年度の185人(1.94%)から、12年度は245人(2.73 %)と1年間で60人も増加している(対象はグループ合計)。

同社は複数の特別支援学校と提携して研修生を受け入れている。外食店舗での清掃、仕込み業務、クリーニング業務、事務補助などで障害者を積極的に活用する。他に19位の良品計画も、2010年度70人(2.09%)、11年度79人(2.07 %)、12年度130人(2.89%)と2年間で60人増加した。

陸運、医薬品が高く、不動産は低い

続いて業種別の集計を見ていこう。こちらは12年度の障害者雇用率を開示している967社が対象。全体の平均は1.74%だった。

業種別で雇用率の平均値が高いのは、陸運業の2.09%(15社)、医薬品2.03%(23社)、化学1.97%(78社)、精密機器1.94%(15社)など。一方で低いのは、不動産業1.17%(23社)、証券、商品先物取引業1.25%(8社)、倉庫・運輸関連業1.32%(9社)、情報・通信業1.39%(66社)などだ。

次ページ障害者雇用は義務から戦力化へ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。