中国CATLの南米「リチウム資源」買収計画に暗雲

カナダ企業が2割増し金額提示で優先権を奪取

車載電池の製造に不可欠なリチウム資源の争奪戦が激化している。写真はミレニアル・リチウムが開発権を保有するアルゼンチンのパストス・グランデス塩湖(同社ウェブサイトより)

中国の車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)による海外リチウム資源の買収計画に、にわかに暗雲が漂い始めた。

CATLは2021年9月末、南米アルゼンチンのリチウム塩湖の資源開発権を持つカナダ企業、ミレニアル・リチウムを3億7700万カナダドル(約346億円)で買収する(法的拘束力のない)権利を獲得した。ところが11月1日、カナダの資源開発会社であるリチウム・アメリカズが後から提示した買収案を、ミレニアル・リチウムが受け入れると発表したのだ。

リチウム・アメリカズの提案は、同社がCATLの買収予定価格を22%上回る総額4億ドル(約455億円)でミレニアル・リチウムを買収し、さらにCATLに対して2000万ドル(約23億円)の解決金を支払うというもの。なお、CATLはリチウム・アメリカズを上回る条件を再提案すれば、買収の優先権を維持することができる。

資源会社や電池メーカーによる争奪戦が激化

ミレニアル・リチウムは、南米のアルゼンチンにある「パストス・グランデス」と「カウチャリ ・イースト」という2つのリチウム塩湖の開発権を保有する。リチウムは車載電池の製造に欠かせない原材料であり、資源開発会社や電池メーカーによる開発権の争奪戦が激化している。

そもそも、ミレニアル・リチウムの買収権を最初に獲得したのはCATLではなかった。2021年7月、中国のリチウム製品大手の贛鋒鋰業(ガンフォンリチウム)が3億5300万カナダドル(約324億円)での買収を提案し、ミレニアル・リチウムが同意した。ところが、CATLが贛鋒鋰業を6.8%上回る金額を後から提示し、買収権を奪取したのだ。

(訳注:買収権奪取の経緯については『中国CATLが南米のリチウム開発権を「奪取」した訳』を参照)

本記事は「財新」の提供記事です

実は、贛鋒鋰業はリチウム・アメリカズの発行済株式の12.5%を保有しており、同社の取締役会に役員を送り込んでいる。リチウム・アメリカズがCATLを大幅に超える買収金額を提示したことについて、財新記者の取材に応じた贛鋒鋰業の関係者は「その議論にも取締役会の決議にも、わが社は一切かかわっていない」とコメントした。

(財新記者:蘆羽桐)
※原文の配信は11月3日

東洋経済プラスのデジタル特集「電池 世界争奪戦」では、自動車と電池メーカーの関係性やパナソニックの戦略、全固体電池の実力など、電池業界の最前線について連載記事でお届けしています。記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

トヨタも参戦!超ド級「電池投資」の最前線

パナソニック、慎重すぎる電池投資のリスク

夢の「全固体電池」はどこまでスゴいのか

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT