中国電池「CATL」が猛烈な生産能力拡大に走る訳

EVシフト追い風に7~9月期の売上・利益は2.3倍

CATLは中国の車載電池市場の50%を握る圧倒的なトップ企業だ(写真は同社ウェブサイトより)

中国の車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は10月27日、2021年7~9月期の決算を発表した。それによれば、売上高は前年同期の2.3倍の292億8700万元(約5230億6600万円)、純利益は同じく2.3倍の32億6700万元(約583億4860万円)と、大幅な増収増益を達成した。

寧徳時代の急成長の原動力は「新エネルギー車」の普及加速だ。中国汽車工業協会のデータによれば、2021年1~9月に中国国内で販売された新エネルギー車は215万7000台と、前年同期の2.9倍に増加した。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、電気自動車[EV]、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

CATLは高い技術力と生産能力をテコに、急成長する市場でシェアを伸ばしている。車載電池の業界団体のまとめによれば、中国市場での1~9月のメーカー別シェアは首位のCATLが50.8%を確保。2位の比亜迪(BYD)の16.0%、3位の中航鋰電科技の6.1%を大きく引き離した。

需要に追いつくため約7500億円投資へ

調査会社の高工産業研究院の予想によれば、車載電池および(再生可能エネルギー向けの)蓄電システム用電池の容量ベースの出荷量は、2020年の213GWh(ギガワットアワー)から2025年には7倍以上の1516GWhに増加する。CATLにとって、それは巨大なビジネスチャンスだ。

急増する需要に追いつくため、CATLは生産能力を猛烈な勢いで拡大している。同社は2021年8月、総額582億元(約1兆394億円)に上る巨額の第三者割当増資の計画を発表。そのうち7割超の419億元(約7483億円)を電池の増産投資にあてるとした。

本記事は「財新」の提供記事です

今回発表した7~9月期の決算報告書を見ると、2021年9月末時点で建設途上にある生産拠点への投資総額は214億9500万元(約3839億円)と、2020年末時点の3.7倍に急増した。また、1月から9月までに投じた研究開発費の総額は45億9500万元(約820億6700万円)と、前年同期の2倍以上に増加している。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は10月27日

東洋経済プラスのデジタル特集「電池 世界争奪戦」では、自動車と電池メーカーの関係性やパナソニックの戦略、全固体電池の実力など、電池業界の最前線について連載記事でお届けしています。記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

トヨタも参戦!超ド級「電池投資」の最前線

パナソニック、慎重すぎる電池投資のリスク

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT