中国「CATL」が挑むナトリウムイオン電池の課題

リチウムイオン電池との併用で短所補う試みも

CATLは同社初のナトリウムイオン電池の製品を発表した。写真は車載電池の現行製品(CATLのウェブサイトより)

車載電池世界大手の中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は7月29日、同社初のナトリウムイオン電池の製品を発表した。そのエネルギー密度は1キログラム当たり160Wh(ワット時)と、リン酸鉄系のリチウムイオン電池に迫るものだ。CATLによれば、開発中の第2世代のナトリウムイオン電池では1キログラム当たり200Whのエネルギー密度を目指すという。

ナトリウムイオン電池は、正極と負極の間をナトリウムイオンが移動することで、充放電が可能になる。その最大の強みは、主原料のナトリウムの資源量が世界的に潤沢で、(リチウム資源と違って)地域的な分布にも偏りがないことである。

それだけではない。ナトリウムイオン電池はリチウムイオン電池と基本構造が似ている。そのため、リチウムイオン電池の製造装置の大部分を、ナトリウムイオン電池の生産に流用できる。(低温時に性能が下がるリチウムイオン電池よりも)使用可能な温度範囲が広く、充電が速いことなどもメリットだ。

生産規模拡大によるコストダウンが急務

その一方でデメリットもある。エネルギー密度が(三元系など高性能の)リチウムイオン電池より低く、寿命も短い。そこでCATLは、ナトリウムイオン電池とリチウムイオン電池を併用するシステムを開発中だ。2種類の電池の長所を生かし、短所を補うことが可能になるという。CATLの曾毓群董事長(会長に相当)は、2023年までにナトリウムイオン電池の(原材料の確保、用途の開拓、リサイクルなどの)産業化を実現したいと語った。

本記事は「財新」の提供記事です

電池業界では、ナトリウムイオン電池はリチウムイオン電池ほど高いエネルギー密度が要求されない用途で普及が進むとの見方が主流になっている。具体的には、低価格の低速EV(電気自動車)、再生可能エネルギーの蓄電設備、通信基地局のバックアップ電源などである。

ある電池業界の専門家は、「ナトリウムイオン電池の原材料コストは理論的には低いが、ビジネスとして成功するかどうかは、これからの普及度合いによる」と指摘する。この専門家によれば、中国製のリチウムイオン電池がグローバル市場で優位にあるのは、生産規模の拡大によってコストダウンを実現したからであり、(製品化されたばかりの)ナトリウムイオン電池の将来性はまだ不透明だという。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は7月29日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT