家庭内暴力に耐える日々から逃れるには?

統合失調症で暴力をふるう夫にもう限界

例えば、このままだと貴女が倒れそうだからという理由で、しばらく別居するのはいかがですか。ご夫君は過去に措置入院もされたようですので障碍者手帳などを取得されて、授産施設での活動や障碍者のための生活訓練施設の利用など、またはそこまで重症でなくとも、ご夫君にも老齢ですがご両親がおられるようですし、彼のための方法はいろいろあると思います。

一人で何もかも支えるのは無理

彼も悩み苦しんでおられるはずで、彼がこれから一層病気と真摯に向かい合い、回復されることを願うのみですが、そして病名は違いますが症状で似ている「ツレがうつになりまして」のご夫婦や、北杜夫さんのように、ご家族の支えも、心の病と上手く付き合ったり回復するには欠かせない要素のようですが、今の貴女が一人で何もかも支えるのは無理だと思います。

しばらく別居期間を設けてご夫君の症状が安定した場合、しなかった場合も含めて、その病とひっくるめて彼と共に生きるのかやはり限界なのか、その後に話し合い、判断するのも方法の一つかと思います。今、別れて暮らすことで、賢い幸一君が将来、パパを強力に支える息子に成長することも十分に考えられます。

やっと得た職と保育園ですが、ご実家の近くでまだお若いご両親の助けを借りながら、再チャレンジするのも一つの方法です。困った時、誰かに助けを求めるのは、大切な勇気のひとつです。まずは今、貴女が成り立つことが肝心で、恩返しができるくらい立ち直ればいいのですから。 

→ミセスパンプキンへの相談はこちらか、公式FBページで受付中。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。