異例すぎる「NASA出身コーチ」が結果を残せたワケ

ゴルフをロジカルで科学的なスポーツに変えた

フィル・ミケルソンをマスターズ優勝へと導いたNASA出身のコーチとはいったいどのような人物なのでしょうか(写真:okimo/PIXTA)  
PGAツアーは、一流選手がしのぎを削る弱肉強食の世界。優勝すれば億単位の賞金を手にすることができる一方で、予選落ちをすれば宿泊費やキャディーフィーなどの経費を自己負担しなければいけない厳しい世界だそう。仕事をしても経費が出ないどころか、赤字になることもある「最も過酷なフリーランス」とも言われるゴルフツアー選手は、つねに自らをアップデートしなければ生き残れないといいます。
この環境で生き残るために、選手は優秀なコーチを雇い、結果を出し、ツアー選手を支えるコーチたちも現状に満足することなく、つねに勉強をし続けてスキルアップに努めています。
そのような激しい競争社会で自らを成長させ続ける選手やコーチたちの取り組みを間近で目にした、ゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎氏。吉田氏がPGAツアー選手たちの考え方や取り組みをまとめた『PGAツアー 超一流たちのティーチング革命』より一部抜粋し再構成のうえ、メジャートーナメント6勝のフィル・ミケルソンを取り上げ、彼やそのコーチの取り組みから自分自身を変えるヒントを探ります。

ゴルフを科学的に分析

プロゴルファーとしては日の目を見ることはありませんでしたが、ユニークな経歴からコーチとして成功したのがデイブ・ペルツです。彼はインディアナ大学のゴルフ奨学生で、物理学の専攻でした。

同年代のジャック・ニクラウスと学生時代に22回対戦したことがありますが、残念ながら1度も勝てませんでした。大学卒業後にプロゴルファーの道には進まず、NASAで働きはじめました。

当時の指導者のセオリーからすれば、経歴がある人やプロゴルファーが指導者になるというのが一般的でしたが、プロゴルファーの経験がない人がゴルフティーチング界に入り込んで来ました。

ペルツは物理学の素養を活かしてゴルフに関するさまざまなデータを取り、科学的に分析することで、ゴルフをロジカルで科学的なスポーツに変えてしまいました。だからこそ、フィル・ミケルソンはペルツを頼ったのでしょう。

次ページゴルフ理論を本にした
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT