《プロに聞く!人事労務Q&A》業績悪化を理由に、定年後継続雇用を取りやめることはできますか?

 

継続雇用の基準を新たに設けるまたは基準を見直す

継続雇用を拒否するという行為が一時的なものなのか、将来的にも行うのか不明ですが、
現在、希望者全員を継続雇用制度の対象にしているのであれば、継続雇用の基準を新たに設けることで、継続雇用対象者を減らすことができます(すでに基準を設けている場合でもこの基準を見直すことで、同様の効果を得ることができます)。

継続雇用の選定基準については、常時300人以下の労働者を使用する事業主は、2011年3月31日までは就業規則等で選定基準を定めることができますが(労使協定締結努力をしても協議が調わないときに限り)、今まで基準を設けていなかった会社が、継続雇用の基準を新たに設けるということは労働者からみると労働条件の不利益変更に該当することも考えられます(基準の見直しで労働条件が不利益変更になる場合も含みます)。

労働条件が変更となる場合は、使用者と従業員で十分に話し合い、合意することが求められています(労働契約法8条)ので、継続雇用の基準を新たに設置・見直しを行う場合は、必ず労使協定で締結するようにしたほうがよいでしょう。

鈴木ひろみ(すずき・ひろみ)
東京都社会保険労務士会所属。法政大学法学部法律学科卒業。東映CM入社。TV-CMの製作進行、プロダクションマネージャーとしてTV-CMの企画・製作を担当。その後、ファッション雑誌編集者を経て、1995年に鈴木社会保険労務士事務所を開設。著書に「どうなるの?わたしたちの労働環境」、「得する年金損する年金 図解新年金制度」など。


(東洋経済HRオンライン編集部)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT