日本人は簡単、秋の腸活食材「リンゴ」食べ方5秘訣

腸を掃除する「最高の食べ方」すぐできるコツは

今が「旬」のリンゴは、最高の腸活食材です(写真:shige hattori/PIXTA)
この記事の画像を見る(7枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも9万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が「リンゴで簡単に腸活できる5つの秘訣」について解説する。

旬の「リンゴ」は簡単に腸活を始めるための優秀食材!

秋の味覚を代表する「リンゴ」。昔から、「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」というように、リンゴには「便秘予防」「疲労回復」「高血圧予防」「コレステロール降下」など、さまざまな健康効果が期待できるといわれています。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今話題の「アダムスキー式腸活法」でも、リンゴは、「腸内の善玉菌のエサ」となり、「腸内フローラ」のバランスを整えてくれる「水溶性食物繊維」が豊富な食品として、おすすめの「腸活食材」のひとつに挙げられています。

さらに、アダムスキー博士の提唱する「アダムスキー式腸活法」では、「フルーツは『腸の汚れ』の洗浄剤」だとされており、「きれいな腸を保つためには1日1回フルーツを食べて日常的に『腸の掃除』を行うことが大切だ」といわれています。

今が旬の「リンゴ」は、買いやすく、調理もラクで、手軽に食べられるところが「これから腸活を始めたい」「簡単に腸活したい」という人にピッタリだと思います。

今回は、「リンゴで簡単に腸活する方法」を5つ紹介していきます。

次ページ「一番簡単な食べ方」が腸にもいい!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT