コロナ禍でも「駅前開発進んだ」新幹線駅の将来性

「何もない」揶揄された上越妙高駅は景観が一変

一方、ミニ新幹線の沿線ながら、山形県はJR東日本と協力して「やまがたワーケーション新幹線」を企画、12月の運行を目指しているほか、毎週木曜日に県の非公式バーチャル・ユーチューバー「ジョージ・ヤマガタ」が司会を務めるオンラインのビジネスセミナーを開催中だ。コロナ下での需要拡大とビジネスチャンス創出、さらには移住促進など、多面的な効果を視野に入れる。フル規格新幹線の沿線ではみられなかった、総合的かつ実務的な内容のプロモーション施策だ。

すでに新幹線開業を経験した地域のみならず、開業準備を進めている地域でも、もっぱら意識されるのは、観光振興をはじめとする、目に見えやすい経済効果だ。これらの効果は、やはり「20世紀型」といえ、話題性など「開業特需」を当て込み、時間的には短期的なものが大半を占める。

どんな「新幹線効果」を狙う?

しかし、教育、文化、暮らしといった、人口減少・高齢化に耐えられる「持続可能な地域づくり」につながる施策や変革は、どちらかといえば地味なテーマで、話題も呼びにくい。過去の多くの開業事例でも、新幹線対策として施策が盛り込まれてはいるものの、継続的なウォッチがされづらく、地元では目立った評価対象にもなっていない。

「フルサット」を経営する北信越地域資源研究所の平原匡代表取締役(筆者撮影)

平原氏は「新幹線がまちづくりにもたらす影響は、10年スパンで考えなければ」と、長い時間軸の必要性を強調する。しかし、これまでは、10年どころか3年もたてば、新幹線は沿線にとって「あって当たり前」の存在となり、経済面も含めて、影響、効果の評価や施策の再検討の対象にもなりにくかった。

そこで、2024年春の北陸新幹線・敦賀延伸に向けて、平原氏らは沿線や全国の実務者・研究者に呼び掛け、ビジネスや研究、まちづくりを語り合うネットワークづくりを目指している。10月には試験的なキックオフ・ミーティングをオンラインで開催した。

新幹線ネットワークのビジネスモデルの行方が予断を許さない中で、西九州、北陸・金沢以西、北海道・新函館北斗以北の開業準備が進む。四国新幹線なども、建設促進運動を再起動中だ。ポスト・コロナ時代に、どのような「新幹線効果」を目指すのか。「脱・20世紀」の実現がカギだ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT