JR西「500系」新幹線、なぜ今も圧倒的人気なのか

スピードとスマートさを追求した斬新デザイン

独特な先頭部の流線形デザインが目を引く500系新幹線(記者撮影)
この記事の画像を見る(63枚)

新大阪から西へ向かう山陽新幹線は1972年の開業以来、半世紀にわたって西日本エリアの大量輸送を担ってきた。直通する東海道新幹線の車両がN700SまたはN700Aで形式が統一されているのに対し、九州新幹線に乗り入れて新大阪―鹿児島中央間を「みずほ」「さくら」として走るN700系、新大阪―博多間の「ひかりレールスター」700系の8両編成も加わり、さまざまな顔ぶれを見ることができる。

そのなかでも流れるようなフォルムで目を引くのが500系だ。JR西日本が航空機に対抗して独自開発し、当時世界最速に並ぶ時速300kmでの営業運転を実現、東海道新幹線でも活躍した。現在は山陽新幹線内の各駅に停まる「こだま」の運用に徹しているが、スピードを追求した斬新なデザインで、歴代新幹線車両のなかでも人気が圧倒的に高い名車といえる。

戦闘機のような先頭形状

特徴的なデザインはドイツの工業デザイナー、アレクサンダー・ノイマイスター氏が手掛けた。同氏はドイツやスペインの高速鉄道の車両にも携わっている。車体のカラーリングについてもJR西日本のコーポレートカラーの青が基調で、それまでの東海道・山陽新幹線とはかなり印象が異なる。開発に当たっては、時速350kmでの運転を目指して開発した500系900番台(愛称:WIN350)が原型となった。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

トンネルの微気圧波への対策として先頭車両は15mにわたって長い「鼻」となっている。戦闘機の風防を思わせる運転室の窓の形もユニークだ。傾斜部分は客室内の天井にまでわたっているため、運転室のすぐ後ろにはデッキと乗降扉がなく、定員はほかの新幹線車両より少ない。

0系新幹線以来となる全電動車方式だが、空気抵抗を減らした円形の車体断面によって、消費電力が抑えられた。鋭く尖った前面の形状はカワセミのくちばし、走行時の風切り音を低減できるようにパンタグラフにはフクロウの羽の研究が生かされているという。車体には軽量と強度、防音に優れたアルミハニカム構造を採用。車体間ダンパとセミアクティブサスペンションの導入で乗り心地を向上させた。

次ページ東海道新幹線でも活躍
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT