江戸中期「中国離れ」が現代日本人の基礎を作った

アイデンティティを左右した「中国との距離感」

江戸元禄に終わりを迎えた日本経済の拡大期。以降、日本の産業・社会、日本人の精神・文化面に変化が起こり、現代の日本人の基礎をつくったという。その背景には何があったのか(写真:NicolasMcComber/iStock)
戦国時代にはじまった日本経済の拡大期は、江戸の元禄の頃には終わりを迎えた。しかしこれ以降、日本の産業・社会、さらには日本人の精神・文化面に大きな変化が起こり、現代の日本人の基礎をつくったという。その背景には何があったのか。
中国史とつなげて学ぶ日本全史』を上梓した京都府立大学・岡本隆司氏が、江戸中期に生じた「中国離れ」と日本のアイデンティティ形成に与えた影響について解説する。

16世紀のグローバル化で一新した日本

現代につながる世界史は、16世紀・ヨーロッパの大航海時代にはじまります。それまでユーラシアの世界史に関わりの稀薄だったアメリカ大陸がつながって、地球の一体化が促されたからです。その動きは直接には、環大西洋革命・産業革命・世界経済の形成になり、またその西洋・欧米がほぼ全世界を制覇したわけですので、今も進行中の「グローバリゼーション」の幕開けともいえるかもしれません。

『中国史とつなげて学ぶ日本全史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そうした世界史上の大航海時代は、東アジアにも及んできました。いな、当時の中国の経済発展と国家体制こそ、その大きな牽引力の1つとみえるほどです。シルク・茶・木綿などの特産品を供給し、閉鎖的な通商統制の権力意思をつきやぶって、海外から商人たちをひきつけ、銀を吸収し続けました。前回にみた、いわゆるシナ海の「倭寇的状況」です。これが東アジアの変貌をももたらしました。

何といっても「倭寇」ですから、もちろん日本も例外ではありません。列島におよんだ影響は、日本史上の「中世」から「近世」への転換、内藤湖南のいわゆる「身代の入れ替わり」でした。戦国乱世・南蛮渡来・天下統一という16世紀以降の政治史に、それは顕著です。

戦国から統一という政治過程は、同時に経済上の大開発の時代でした。その余波は江戸時代の初期、おおむね元禄あたりまで続きます。耕地は倍、人口は3倍になり、都市と農村が勃興し、日本はまったく面目を一新したのです。

次ページ景気の拡大期が終わり下降局面へ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT