日本の天皇をなお「日王」と呼ぶ人々の複雑感情

「陛下」という呼称にも歴史的背景がある

天皇や皇帝、王に対して用いられる「陛下」という敬称。いったいどういう意味があるのか考えてみたことはありますか?(写真:BrendanHunter/iStock)

新しい元号も発表され、天皇陛下の譲位がいよいよ4月30日に迫ってきました。譲位された後、天皇陛下は上皇、皇后陛下は上皇后になられます(「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」の第3条と第4条による)。敬称は、今後も両陛下ともに「陛下」のままとされています。

この天皇や皇帝、王に対して用いられる「陛下」という敬称ですが、そもそもいったいどういう意味があるのでしょうか。国家の最高地位者に対し、「下」という文字が使われるのはいったいどういうことなのでしょうか。

なぜ「下」なのか

「陛下」は紀元前3世紀、秦の始皇帝の時代から使われ始めました。日本でも律令制の確立とともに8世紀には、天皇に「陛下」の敬称を用いることが定められます。「陛」は「きざはし」と訓読みし、皇帝の住む宮殿へ通じる階段を意味します。

ただし皇帝はその階段の上にいるはずですから、「陛下」ではなく、「陛上」となると考えると自然ですが、いったいなぜ、「下」なのでしょうか。

これには理由があります。当時、人々は皇帝に直接、話しかけることはできませんでした。皇帝の侍従を通じて奏上することができたのです。この侍従は宮殿の階段の下に控えていました。そのため、「階下の者を通じて、奏上致します」という意味で、「陛下」と呼びかけたのです。

最初、「陛下」というのは、皇帝に奏上する際に使われる枕詞のようなものでしたが、次第にそれ自体が皇帝を表す尊称として使われるようになります。しかし、中国では、「陛下(ピーシャ)」よりも「皇上(ホアンシャン)」の敬称のほうが頻繁に用いられました。

皇太子をはじめ皇帝の子や皇族は「殿下」と呼ばれます。「殿下」の「殿」は宮殿のことです。「宮殿の下に控える侍従の者を通じて申し上げます」という意味で使われ、「陛下」よりも一段格下の尊称として使われます。

さらに、重臣に対しては、「閣下」の尊称が使われます。「殿下」よりも一段格下です。「閣」は楼閣を意味します。現在では、大統領や首相、大使などに対しても用いられます。

次ページ尊称は聖職者にもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?