財政破綻したギリシャと日本を比較してみる--目先のリスクは小さいが財政再建は不可避


 日本政府が保有している金融資産は大きいため、民間企業のような貸借対照表を描けば、問題はないとの見方だ。しかし、純債務で考えても下表のようにわが国の状況は悪く、OECDの推計によれば、2010年にはGDP比で100%を超えて、イタリアを抜いて世界一になるとも言われている。

■主要国(一般政府)の財政状況 (単位:%、対GDP 比、▲:マイナス)

出典:国立国会図書館ISSUE BRIEF NUMBER 682より


ギリシャはどのように破綻していったか

数字的にはギリシャと同程度、もしくはさらにひどい状況にある日本の財政だが、ギリシャのような破綻を来す可能性はないのだろうか。ギリシャ危機の流れを復習してみよう。

09年10月、ギリシャ政権交代で誕生したパパンドレウ政権が財政赤字の対GDP比見込み値を3%台から12%台と大幅に上方修正した。これによりギリシャ国債は大きく売り込まれ、格付けが引き下げられた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。