日本人が「世界一、仕事が苦痛」と感じる根本理由

「会社、仕事が嫌いな会社員」が多い、深すぎる訳

政府は「働き方改革」を掲げ、「長時間労働の是正」などを進めていますが、これらの改革が「生産性」や「やる気」を高めているというエビデンスはまだありません。逆に、「もっと働きたいのに、働けない」といった声も聞こえてきます

結局のところ、「長時間労働」だけが、日本人サラリーマン・ウーマンの不幸の源泉であったということではないようです。

そこで、改めて見直したいのが、「会社におけるコミュニケーション」です。世論調査などで知られるアメリカのギャラップ社いわく、「上司やチームリーダーが、社員のエンゲージメント(仕事へのやる気や熱意)のカギの7割を握る」のだそうです。

つまり、上司、マネジャー、リーダーが「どのように社員とコミュニケーションをとるか」によって、社員の幸福度はかなり影響を受けるということ。同社は全世界270万人への調査から、社員のエンゲージメントを高めるカギは「以下の12の質問に社員が『Yes』と言えるかどうかだ」と結論づけました。

【1】仕事で私が何を期待されているのかをわかっている。
【2】情報や資料、データ、機材など、私が自分の仕事をきちんとやるうえで必要なものがそろっている。
【3】仕事において、毎日、自分がベストを尽くせる環境が整っている。
【4】過去7日の間に、いい仕事ぶりを認められ、賞賛された。
【5】私の上司、または職場の誰かが私のことを気にかけてくれている。
【6】職場に、私の成長を応援してくれている人がいる。
【7】私の意見を大切にしてくれている職場である。
【8】私の会社のミッションやパーパス(目的)が、私の仕事は重要だと感じさせてくれる。
【9】私の同僚や周りの社員がいい仕事をしようとコミットしている。
【10】職場にベストフレンドがいる。
【11】過去6カ月間に、職場の誰かが、私の成長や進歩について声をかけてくれた。
【12】この1年で、職場で学び、成長する機会があった。

「労働時間」より「コミュニケーション」の改革が必要

いかがでしょうか。みなさんはいくつ当てはまりましたか? こう見ると、社員の「やる気」や「幸福度」の形成には、「職場のコミュニケーションがいかに大切か」がわかります。

単に「労働時間を減らす」といったことだけでは、仕事は楽しくなりません。もっと包括的に、日本の働き方を変えていく必要があるわけですが、まずは「職場のコミュニケーションの抜本改革」が求められていると言えるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT