消えない産後の恨み。専業主婦の10年戦争

妻が発するSOSに、夫はいつ気づくのか?

久々に電話をかけて夫と話をした。「1度、割れたお皿はボンドでくっつけても直せない」と麗子さんが言うと、夫は「じゃあ、違うものを作り直せばいい」と答えた。

夫への愛情は、結婚時の100に対し、今は20~30

もちろん、この程度では関係修復には至らない。夫からは「もう自殺します」とか、「方法も考えました」というメールが届き、「甘えるのもいいかげんにして」と麗子さんは思った。ただ、少しずつ、夫の立場も理解できるようになってきた。夫は田舎の名家の長男。東京の有名私大を出て有名企業に勤め、男の子と女の子を持つ父親になった。両親から見れば自慢の息子に違いない。

家出をやめたきっかけは「やっぱり子どもかな」と麗子さんは振り返る。久々に再会すると当時4歳だった娘がパパを見て大喜びし、「わたしはママだけのものじゃないのよ!」と言った。1歳だった息子も、心なしかにこにこしていた。「借金があるとか、殴られる、というほどではないから、今、ここで離れたら後悔するかもしれない」と考えた。

麗子さんが首都圏の自宅に戻ると、夫は以前のように「実家、実家」と言わなくなった。休日に夕食を作ろうとするなど、努力のあとも見られる。ただ「変わろうとするけれど、変わりきれてはいない」というのが麗子さんの厳しい見立てである。結婚前に「大好きだったとき」の夫への愛情を100とすると、家出したときが「0かマイナス」、そして「今は20か30くらい」。

夫婦関係は、今後、回復していくのだろうか。「あきらめも入っていると思います」と麗子さんは見る。今は仕事に復帰した麗子さんは、朝、駅前の保育園で見かける若いパパたちの姿を「心からうらやましく思いながら」眺めている。勤務先でも若い男性社員が仕事よりプライベートを優先するのを目の当たりにして、いい意味で驚くことがある。

10年間、専業主婦だった麗子さんを採用したのは、主婦の活用をミッションに掲げる起業家で、中小企業と高学歴主婦のマッチングがうまくいった形だ。仕事に出るのは楽しいし、今では自分の食べたお皿を子どもたちが自分で洗うから、育児も大変さより楽しさのほうが勝る。

そして、夫に少し同情もするようになった。「うちの子どもたちが生まれたのは、イクメンブームの前だから、夫が抱っこひもやバギーを使うこともなかった。いちばんかわいいときにかかわる機会を持てなかったから、子どもたちはあんまりなついていない。かわいそうな面もあるかもしれません」。

相手が変わることを期待するより、自分が変わったほうがいい……と考える余裕も生まれた。今のところ、子どもの教育費などを考えると、離婚はしない可能性が高い。

この記事を通勤電車の中、スマホで読みながら「やばい、これ、うちの話?」と思ったビジネスマンはいるだろうか。家で待っている妻が、あなたと同じくらい大変な仕事を、あなた以上に孤独な環境でこなしながら、誰からも認知されていないという事実に、ぜひとも気づいてあげてほしいのです。妻たちは誰より、あなたに気づいてほしいと思っているはずなのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。