「余命10カ月」宣告された男が10年生きて見たもの

「戦いなさい」医師の一言が道を開いた

長谷川一夫さん(前列中央)と闘病マンガを作った高校生たち(写真:長谷川さん提供)
この記事の画像を見る(6枚)
国立がん研究センターの統計によると、2016年にがんと診断された約100万人中、20歳から64歳の就労世代は約26万人。全体の約3割だ。
だが、治療しながら働く人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上でどんな悩みがあるのか。子どもがいるがん経験者のコミュニティーサイト「キャンサーペアレンツ」の協力を得て取材した。
2010年に肺がんステージ4の告知を受けた長谷川一男さん(50)は今年1月、高校生たちに闘病の軌跡をマンガ動画にしてもらった。約11分間の動画制作が、長谷川さんと高校生たちの双方に起こした変化を紹介する。

「闘っていいんだ!」と気づかせてくれた言葉

長谷川さんの闘病の軌跡をまとめた原案をもとに、関西文化芸術高校の生徒たちが制作したマンガ動画「#私とがん」は、次のセリフから始まる。

「ある医師から貰った言葉
『一日一日を大切に生きてください』
またある医師から貰った言葉
『戦いなさい。人には役目がある。』
余命10カ月と診断された僕に
道を示してくれた
大切なふたつの言葉だ」

 

肺がんのステージ4で余命10カ月。2010年に長谷川さんはそう診断された。

病気の過去のデータから、半数の患者が亡くなると予測される時期を医師は「余命」として伝えることが多い。だが、余命より早く亡くなる人もいれば、より長く生きる人もいる。

長谷川さんは当時、さらに2人の医師にセカンドオピニオンを求めた。上記の「大切なふたつの言葉」とはその2人からのものだ。

次ページ余命宣告を受けた長谷川さんに医師が発した言葉
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT